きらやか銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

きらやか銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。山形県山形市に本店を構えている第二地方銀行で、2007年に殖産銀行と山形しあわせ銀行が合併して誕生しました。現在は1兆4000億円ほどもの資産を誇る東北地方最大の第二地方銀行として知られています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
フラット35

住宅ローン審査の口コミ

●●住宅ローンの新規借入で感じたことは、書類の提出が多いということです。あまりにも書類が多く、どんな書類があったかはよく覚えていませんが、銀行で多くの書類を書いたことを覚えています。

しかも、書類提出は1回では終わらずに、何回か足を運びました。追加の書類を書く必要があったこと、印鑑を押していない場所があったため、もう一度印鑑を押したこと、などがありました。

仕事柄、平日の休みでしたが、住宅ローンが正式に下りるまでは仕事が休みの日は銀行に足を運ぶことが多かったです。銀行の担当者の方からも「銀行にたびたび足をお運びいただいて、お手数をおかけいたします」とお詫びの言葉までいただきました。

やはり、家という大きな買い物をする場合は、書類も増えて、手続きも増えることから、時間がかかるものだとつくづく実感しました。

そして、住宅ローンのOKが出ました。住宅ローンを組むにあたっての多くの手続きから解放されたこと、家が手に入ったことは喜びでもありましたが、長い間にわたって、住宅ローンを払い続けていかなければならないのは、正直なところプレッシャーに感じました。

安定した生活が長く続けば問題はありませんが、長い人生、何があるか分かりません。無事にローンを払い終わることを願うばかりです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ