熊本銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

熊本銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。熊本市内に本店を構えている地方銀行で、2013年に「熊本ファミリー銀行」から現在の名称に変更されました。銀行名からも分かる通り、熊本県を代表する銀行の一つとして知られ、福岡県の大手地銀である福岡銀行とともに、ふくおかフィナンシャルグループ傘下に入っています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
・オール電化住宅ローン
・ガスエコ住宅ローン
・リフォームローン「かいぞうくん」

借り換えの口コミ

●●当初は肥後銀行で住宅ローンを組んでおりました。「35年ローン、3000万、3年固定金利1.9%」です。固定金利期間の更新時期が迫った頃、統合支援を受けた熊本銀行の住宅ローンも合わせて検討してみた結果、キャンペーン等も考慮すると、熊本銀行の方が有利でした。

  • 【肥後銀行】3年固定1.9%、残債2850万、残期間32年
  • 【熊本銀行】3年固定1.5%、残債2900万、残期間32年

本来ならば、諸費用が発生するのですが、この諸費用分もローンに含め、また、継続的な優遇幅も熊本銀行の方が大きかった分の差が出たのだと思います。単純に総支払額でみて、300万近くの差が出ることになりました。残債が多く残っていると、毎月の支払額のうち、利息分が占める比率が高いです。

当初は、月8万程度の支払の内、4割くらいが利息分です。20年位を過ぎてきますと、だいぶ利息分が減り、元本にあたる額が大きくなりますから、よほどの利息差がないと、借り換えメリットは出ません。しかし、まだまだ当初の方は、少しでも利息差があれば、総支払額に及ぶ影響は大きいです。

あとは、諸費用分の差を埋めれるかどうかです。最近は1%を切る住宅ローン金利もあるようなので、要検討の方も多いのではないかと思います。

●●我が家は年収が多くないため、住宅メーカーの担当営業さんの紹介で借り入れがしやすいメガバンクを利用しました。一つも借金(ローン)がなかったことが幸いして、審査も何事もなく通りました。

今月は余裕があるなというときなどは、1万円からでも繰り上げ返済できるということは魅力でしたが、実際はなかなかできませんでしたね。それに、地方に住んでいる者としては地方銀行に安心感があるのも事実でした。

2年もたたないうちに、縁があった熊本銀行さんに借り換えしました。諸費用や手続きなどもったいなかったのですが、それでも、借り換えして良かったと思っています。ただ、もう少し勉強してから借り換えするべきだったとは思います。いろいろ削られるところは少しでも削って…。

当初は5年での変動金利なので、そろそろ変わる(高くなる?)頃かなと心配もしています。しかし、マイナス金利になった今、私たちの生活にすぐには影響がないとはいわれていますが、これまた見直す時期にきているのではないかとも思っています。

ただ、銀行の営業の方は転勤があって、すぐそばにおられるわけではないので、ちょっと相談したいなと思うときに契約した支店にいらっしゃらないこともあるようですね。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ