九州ろうきんで住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

九州ろうきん(九州労働金庫)が提供している住宅ローンのご紹介です。福岡市内に本店を持つ労働金庫で、沖縄県を覗く九州各県にあった労働金庫が2001年に合併して誕生しました。全国各地のろうきんATMを利用することができるほか、セブンイレブンでお馴染みのセブン銀行やイオン銀行のATMも使えます。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 2年~25年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・ろうきん住宅ローン
・上限金利設定型住宅ローン
・全期間固定金利型住宅ローン
フラット35
・ろうきんフラット35セット型
・つなぎ資金ローン
・災害救助ローン

住宅ローン審査の口コミ

●●労金で2000万円、30年固定ローンを組みました。公務員ですので労金さんとは給与振り込みなど、あらゆる面でのメインバンクとしてお付き合いがありました。その関係で、住宅ローンでも当然お世話になりました。

金利はちょうど底値くらいの値でしたので、固定を選択。長期にわたるので借り換えも視野に入れての選択でした。保証料などその他の手数料は、他の地方銀行に比べて安く設定されており、総支払額も数字で見る限りとてもいい条件でした。

ただ、一般の方の場合はこううまくいかないと思いますので、相談や検討の余地はあると思います。

対応はとてもよく、職場や自宅にもすぐみえてくれました。必要な所のみ書いていき、処理も早く、自分でする分はほとんどなく、ストレスもなくお金を借りることができました。

返済のシミュレーションもきちんとしてもらい、「ボーナスでいくら」「月々いくら」というイメージもしっかり持つことができ、無理のない返済計画を立てることができました。

●●私は住宅購入の際に別銀行で審査を受けましたが、住宅ローンの審査はおりませんでした。そこで、最後の手段として住宅販売業者の方が「ろうきんに仮審査を出してみましょう」と、案を挙げてくれましたので、言われたとおりに審査を行ってもらいました。

すると、こちらの条件よりも格段にいい条件で審査結果が返ってきました。最初は住宅販売業者の方はすごいなぁと感心していましたが、本契約を結びにろうきんへ足を運んだ時にその考えが一掃されました。

それは、ろうきんの職員の方の言われた事なのですが、「私たちは働いている方を後押しするのが役目です」と言われ、私の気持ちを変えてくれました。まさに、ドラマのような感じで、他の金融機関は儲けを感じないと融資しませんが私たちは違いますよと、言われているようで、本当に助かりました。

更に手続き中も小さい子供がいたせいかもしれませんが、手早く本当に気持ちの良い対応で、話も聞きやすように1人の方が子守をしてくれ、もう1人の方で説明をというように対応してくださりました。

●●住宅を新築することになり、住宅ローンの検討をはじめました。住まいの近くの銀行が良いということで、三つの銀行に話を伺いにいきました。私どもが検討した三つの銀行から、この銀行を選んだ理由は「審査・金利・接客」の三つが申し分なかったからです。

まず審査ですが、審査が通らなければ何もはじまりません。この審査がスムーズにいったことが第一でした。

そして、金利です。現在住宅ローン全体でとても金利が安くなっているなかでも、こちらの金利は安かったです。キャンペーン期間中だったこともあり、驚くほどの金利で契約ができました。

これは本当に、ローンを組むうえで助かりました。大きな金額ですので、金利が0.1違ってくるだけでも、返済額が大きく変わってきます。納得いく金利でいけたので本当に良かったです。こちらも、大きな決め手となりました。

最後に接客ですが、丁寧で的確でこちらがわからないことは、理解できるまで対応して下さいました。

●●今年、マイホームを建てることにしました。マイホームを建てるうえで、まず考えなければならないのがお金です。自己資金が準備できるか、いくらまで借りられるのか、金利はどれくらいかなど、銀行によって様々です。

まず、いくつかの銀行をまわり話を聞いてから検討することにしました。第一に気になるところは、金利です。現在は住宅ローンの金利が全体的に下がっているので、マイホームを建てるにはベストタイミングでした。

とはいえ、銀行により金利も様々です。話を聞いた銀行でも金利は、大きく違いました。同じ金額を借りた時に、金利で返す金額が大幅に変わってくるため、やはり、金利が低いところがいいということで、九州ろうきんに決めました。

他にも、生協の組合員であれば金利を下げられたりと、優遇されていたのも決め手のひとつでした。窓口の対応は、わからないところは丁寧に説明していただけました。また、迅速でスムーズな対応で大変良かったです。

借り換えの口コミ

●●十年ほど前に住宅ローンをろうきんから借り入れしました。仕事の関係で銀行の方とか会社に来られます。その際に鹿児島銀行や宮崎銀行の金利が低く、同僚が他行から借り換えをしていました。

私も話を聞いたのですが、ものすごく安かったので借り換えをしようと思い、ろうきんに電話をしてその旨を話しました。そしたら一度窓口に来てくださいとの事になったので私はろうきんの霧島支店まで行きました。

最初に住宅ローンをお願いした時の担当者はもういなくて、別の担当者が対応してくれました。その担当者が「うちの商品でも金利が低いのがありますのでそちらでシミュレーションをしてみます」とのことで少しの時間待っていました。そしたら住宅ローンの金利が鹿銀や宮銀よりも安いではないですか。私はびっくりしました。

その担当者は「こんなに金利が安くなって返済期間も短くなりました」と言われるのですが、私的には、そんな新しい商品が出ているのなら案内などを郵送でも出してくれていたら他行で借り換えをしようとは思わなかったのになと考えました。結局、ろうきんからろうきんへの借り換えを行いましたが、何か腑に落ちない感じでした。

●●九州労働金庫で2000万円の30年ローンを組んでいました。繰り上げ返済が有利であることは知っていたのですが、なかなかチャンスがなく、10年ほど過ぎてしまいました。

早いほど効果があるとのことでしたのであきらめていたのですが、九州労働金庫の担当者の方から「金利が一段下がった今が借り換えのチャンスですよ」というお話を伺ったので、借り換えを検討してみることにしました。

まだ20年残っていましたし、利子分の支払い程度しか終わっていませんでしたのでいけるとのことでした。試算していただくと100万円近い負担減になるとのこと、驚きでした。もう少し早ければもっと、という感もありましたが、そこは結果ですので、今のこの数字で十分と思います。

手続きはあっという間でした。九州労働金庫さんとは会社・個人ともに取引があり、週に1回は職場に担当の方が顔を出してくれていましたし、お願いすれば職場にもすぐ来ていただいてお話を聞いてもらえるので、とても助かりました。

数字もしっかり一覧で打ち出してくれて、月いくらにすると総額いくらになるというシミュレーションも何パターンか用意していただいて、比較検討することができました。おかげで2週間ほどですんなり契約を終えることができました。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ