滋賀銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

滋賀銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。滋賀銀行は大津市に本店を置く地方銀行で、滋賀県内では非常によく知られています。県内シェア4割を獲得している滋賀県のほか、京都府や大阪府にも支店を構えて営業活動を行っています。2010年には預金残高が4兆円を超え、知名度も規模も拡大を続けています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 2年~20年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 △(100万円以上の場合は無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・スーパー住宅ローン
・エコ&耐震住宅ローン
・長期固定金利型住宅ローン20
・保障付住宅ローン
・セレクトリフォームローン
フラット35

住宅ローン審査の口コミ

●●マンションの施工会社側から、いくつかの住宅ローン先を紹介されましたが、地方都市なので、メガバンクよりは地方銀行でローンを組む傾向のようです。ローンを組む際に、地元の企業勤めだったので、すんなりと審査も通りました。

住宅ローンを組む人は、クレジット機能付きのカードと口座開設の必要がありましたが、そのカードがあると、土日でも手数料なしてATMが利用できるので、地元に住んでいる人には便利です。

変動金利の場合、平均的なものであるし、そもそも滋賀の住宅自体、大都市と比べると価格も土地代も高くなく、かなり無理して住宅ローンを組む必要もありません。

とりあえず金利が低いうちは変動金利、高くなれば固定にかえるか、一括で繰り上げ返済でいけます。住宅ローン者本人であれば、電話一本で100万以上の繰り上げ返済も可能です。

住宅ローン控除や変動金利についての疑問点も、ローンを組む時や、それ以外も土日の窓口で相談に乗ってもらえ、助かりました。

●●自分達は結婚して住んだのが小さなアパートでした。親戚の人が来てくれても、ゆっくりしてもらえる場所さえない状態ですから、とにかく自分の家が欲しいの一心でした。そこで、自己資金が殆どない状態ではありましたが、かなり無理をして、建売住宅を購入することにしました。

もちろん住宅ローンを借りなければ、とてもマイホームを購入することができるはずもありません。自分達の場合は一般の人のような自己資金がありませんので、ローンを申し込んでも、そう簡単にOKがでません。3回ほど銀行に足を運び、しかるべき理由書をしっかり書いて、説明をするうちに銀行もしぶしぶ承認をしてくれました。

これで夢のマイホームが持てるんですからね。その時の感激は今でも忘れることができません。30年を超える返済期間中には、山あり谷ありの時もありましたが、自分達の時代はまだ終身雇用の時代でしたので、助かったなぁと思っています。

●●新築一戸建てを建てた際の住宅ローンとして、滋賀銀行を利用しました。家は住宅メーカーが勧める銀行として、滋賀銀行とそれ以外の2つの銀行を紹介してもらい、それぞれの金利や住宅ローンを組んだ際の特典等を担当者に説明してもらいました。

あと、個人的にメガバンクからも参考に情報収集し、これらを総合的に踏まえて決めることにしました。借入金額自体がそれほど高くなかったこともあり、正直、金利の高さについてはどこを選んでもそれほど大きな差にはならなかったので、それ以外の要素を特に意識して選定しました。

結局の所は、地元の銀行ということもあり、ローンの手続きやいろいろ相談等がしやすいだろうということで滋賀銀行を利用することにしました。

滋賀銀行の場合、住宅ローン専用の窓口があり、休日も相談等ができたことから、非常に便利に感じました。また、滋賀銀行の口座は既に持っていたものの、住宅ローンを組む際に新しい口座を作る必要があったのですが、その時も担当の窓口の方には非常に親切にしてもらい、丁寧に対応して頂きました。

住宅ローンとなると大きな金額となるのでいろいろと不安もありましたが、借り入れのシミュレーションなどで、具体的に分かりやすい説明をしてもらい、契約する頃には安心することができました。

●●住宅購入のため、滋賀銀行で住宅ローンを組みました。ハウスメーカーの担当者が「これくらいの家を建てるにはこのくらい必要で…」などと説明をしてくれた際、「自分がいくらまで借りられて、どのくらいの返済になるのか分からない」と相談したところ、知り合いの行員を紹介してくれました。

予備審査を受け、借りられる額と毎月の返済額も分かりましたので、ハウスメーカーと仮契約をしたのち、滋賀銀行で本審査を受け、借りられる事になりました。手続きのため、平日に何度か会社を休んで窓口へ行き、これでもかというぐらい書類を書きました。

変動金利で借りましたが、給料振込も滋賀銀行でしたし、その他にもいろいろと普段から滋賀銀行を使っているため、利率を1.6%も下げることができて良かったです。

また、火災保険もローンの期間中以上のものに加入をしなければいけないのですが、「銀行で勧めるものは保険料が高いから、安いところを探してもらって構わない」と言ってくれ、こちらの負担にならないようにという配慮をしてくれて助かりました。 

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ