四国ろうきんで住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

四国ろうきん(四国労働金庫)が提供している住宅ローンのご紹介です。香川県高松市に本店を構えている労働金庫ですが、店舗の数は香川県内が最も少なく、逆に愛媛県内が最も多くなっています。住宅ローンのラインナップが豊富で、固定金利も変動金利もミックス金利も扱っています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~20年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ○(無料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
・固定金利選択型住宅ローン
・キャップ住宅ローン
・ミックス住宅ローン
・住宅ローン(無担保)
・ナッ得・エコ住宅ローン
・ろうきんフラット35

住宅ローン審査の口コミ

●●私が四国労金で住宅ローンを通した時の体験談です。当時どうしても欲しい新築建売物件がありました。家を買うなどと考えたこともありませんでしたが、何故かその物件は気に入り、購入したいと思いました。家族も気に入ってくれたことも大きな要因の一つでした。

住宅メーカーの方と購入の相談をしているときに、ある問題点が浮上しました。それは、私の勤続年数です。地方銀行やネット銀行などは住宅ローンの審査を行う際に勤続年数のをチェックするそうです。それが最低でも勤続3年だそうです。

私の場合、転職をした為に勤続年数は1年半でした。「これは地方銀行やネット銀行ではかなり難しいかもしれない」と住宅メーカーの方に言われました。一応、地方銀行やネット銀行に審査を出しましたが、結果は不可でした。

そこで、住宅メーカーの方から勧められたのが労金でした。労金は勤続年数が1年から審査の対象になるそうです。その他のチェック項目は地方銀行やネット銀行と同じで、借金がないかや、公共料金などの支払いが遅れて金融面で信用を失うことをしていないかが大きいらしいです。

私はなんとか審査も通って、無事に気に入っていた物件を購入することができました。住宅ローンにおいて、勤続年数で悩んでいる人は労金に1度相談に行くことをオススメします。

▲▲中古住宅の購入及びリノベーションで、四国ろうきんのキャップ住宅ローンを利用しました。私たちが利用したキャップ住宅ローンは変動金利ですが、利子について最初の10年だけ0.98%の上限が設定されており、その後は固定選択特約もしくは変動金利のいずれかを選べるというローンです。

最初の仮審査の段階であっさりパスしたにも関わらず、いざ契約する段になってから、ろうきん側の不手際で本来なら通らないはずの方を審査に通してしまったと言われたり、工務店の方がいくら説明しても、リノベーションの概念が分かって頂けず、リノベーション中の繋ぎ融資はできないと言われたりと、接客態度以前の問題でした。

また、ローンの使途についても、領収証を全て提出させられ、領収証の合計が借入額未満であれば、例えそれが数千円であろうときっちりと繰り上げ返済させます。繰り上げ返済についても期間短縮しかできません。オーバーローンの利用を考えている方や繰り上げ返済で柔軟な対応を求める方には全くお勧めできません。

しかし、審査はろうきんさんの独自審査になりますので、信用情報に自信のない方、あるいは、他の大手地銀に申し込むついでに、滑り止め程度で検討されることをお勧めします。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ