スルガ銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

スルガ銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。静岡県に本店を持つ地方銀行ですが、東京・名古屋・大阪・札幌・仙台・福岡・広島などといった日本を代表する大都市にも店舗を構えています。また、インターネットバンキングの機能も充実していて、住宅ローン以外に関しても利便性が高いと言えます。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~5年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・変動金利型
・固定金利選択型
・スーパーホームローン
・ドリームライフシリーズ
・スーパーホームローン Wアシスト
・ホームローンレディース
・Dream Style ホームローン
・Dream-J ホームローン
・スーパーホームローンエース
・カーボンオフセット付き住宅ローン
・住公証券化対象長期固定金利型住宅ローン
・ジャンボ宝くじ付き
・アセットプラン・アセットライン

住宅ローン審査の口コミ

●●住宅購入の為にゆうちょ銀行で住宅ローンを組みました。なぜゆうちょにしたかというと、我が家は自営業なので他の都市銀行ではローンが組めなかったからです。収入があっても自営業には厳しいようでした。なので、不動産屋に勧められたゆうちょ銀行で組むことにしました。

ゆうちょが受付していますが実際はスルガ銀行です。ゆうちょは窓口を担当しているのみ。「スルガ銀行は審査が比較的甘めで、自営業でも会社の経営内容や実績を見て判断してくれます」との事で、ここに頼みました。

審査はすぐにOKの返事が来ました。通りやすい代わりに金利は都市銀行よりも高いです。固定金利では組めなくて、変動金利のみでした。ちょっと金利の高さに迷いましたが、自営業というだけで断る都市銀行よりは良いかと思いここにしました。

▲▲2005年にマンション購入の際、住宅ローンを組みました。主人が正社員になって間もなかったので、不動産屋の探してくれた銀行の中で、借りられたのがスルガ銀行のみでした。ローンが組めてとても感謝しているのですが、最近他行に借り換えをしました。理由が、金利の高さです。

高いと思いながら払い続けてきたのですが、借り換えを検討し始めて、他行との金利の差にびっくりしました。本当に高いんです。このまま払い続けてたら、銀行に金利ばかりとられてしまう…と思い、借り換えを決意しました。

他行との借り換え手続きの中で、「全額返済手数料も聞いておいたほうがいいですよ。」と言われたので、スルガに電話で確認すると、その後すぐに折り返しかかってきて、「○○様は今まで滞りなく返済いただいているので、金利の見直しをさせていただきたいと思います」と。

金利を下げるので借り換えしないで、ということですよね。もし問い合わせをせず、ずっとそのまま返済を続けてたら、金利は変わらず高いままだったのか。引き止めるために金利は下げられるのか。じゃあ今までなんで下げてくれなかったのか…。一気に不信感が沸いてしまいました。どこの銀行でもあるのかもしれませんが…。

結局、借り換えをして、最後の手続きの時にスルガの支店に行ったのですが、あっさりしたものでした。不明な点も聞かないと答えてくれないし、応対は丁寧だけど、なんだかなげやりな感じでした。去るものには冷たいんですね。

▲▲新規で住宅ローンを組みました。主人の仕事の関係で、他に断られてしまったので、審査に通ったスルガ銀行で組むことになりました。審査は書類が多かったくらいで(他と同じくらいかもしれませんが)、すぐに通りました。日数もそれほどかかりませんでした。

銀行選択の余地がなかったので、ローンの種類も選べず、スルガ銀行の指定するものでした。35年ローンで、金利は高かったと思います。確か4%くらいだったと記憶しています。高い…と思いましたが、ここで組めなければ家が買えなくなってしまったので、仕方がありませんでした。

銀行の方の対応はとても良かったです。何度か問い合わせをしたり、実際会って話をしたりしましたが、細かいことでも丁寧に答えてくれました。すぐに対処してくれて、話し方も優しげで良かったのですが、笑顔はあまりない方でした。おそらく、あまり表情を変えない方なのかと思いますが。

スルガ銀行は都内に支店があまりないので、通帳は作らず、定期的に明細が送られきました。対応など気になることは何もなかったのですが、とにかく金利が高かったので、最終的には他行に借り換えることにしました。金利さえ低ければこのまま続けさせて頂いたのですが、借り換え先の方が金利が低かったので、決断しました。

▲▲現在のマンションを購入するとき、住宅ローンを組みました。ほとんど知識がなかったので不動産屋に任せっきりでしたが、当時派遣社員だった主人のためにローンを組める銀行を色々と探してくれました。

いくつか候補があったのですが、やはり派遣社員ということで、なかなか難しかったなか、やっと組めたのがスルガ銀行でした。1ヶ月後には正社員になることが決まっていたことと、その会社で派遣社員として4年ほど実績があったので、組んでも大丈夫ということだったみたいです。

ただ、銀行の言いなりと言いますか、選ぶ余地はない感じで、言い方こそ丁寧で優しかったものの「このプランにするなら組んでもいい」といった上からな雰囲気でした。金利も高く、支払い年数も選べませんでしたが、仕方がありませんでした。とりあえず無事にローンを組むことができて嬉しかったです。

数年後、あまりに金利が高くて先行き不安だったので、借り換えを考えました。幸い、近所の銀行にて良い条件で借り換えができることがわかり、すぐにスルガ銀行に電話をして、全額返済の手数料を聞きました。

するとすぐに折り返し電話が来て、「○○様はこれまで返済の滞りもなく、きちんとお支払いしていただきましたので、金利の見直しをさせていただきたいのですが…」と言ってきました。

結局、借り換えた方が金利が安くなったので借り換えをしましたが、「全額返済」と言わなければずっと金利は高いままだったのかと思うと、腹が立ちます。金利の見直しができる段階で言ってくれれば、借り換えも考えなかったのにな…と思います。

▲▲住宅ローンを組んで家を手に入れるために私がここを選んだの理由は、資金がなくて他の数件の銀行に申し込みすべて落ちてしまい、不動産屋さんの紹介でスルガ銀行に申し込み、頭金ゼロの30年ローンで借りることができたからです。

この時、主人は年収600万弱、私は200万弱。貯金はほぼなし、生活費や子供達3人の教育費を考えても、本当にギリギリでスタートしました。

早速、厳しい現実にさいなまされる日々が始まりました。私はダブルワークを始め、早朝から深夜まで働き、なんとかやりくりしていました。10年たったある日、主人の両親が倒れ、私は介護離職することになり、景気悪化で主人の年収も半分以下となり、究極の事態となりました。

銀行に相談にいくと上から目線で「お子さんにも協力してもらったらどうですか?」と冷たくあしらわれ、他にも相談しましたが、どうにもならず、このままでは任意売却しかないかと思っていた時、ローンの借り換えでずいぶん金利が変わることを知りました。

再びスルガ銀行に相談に行くと「おたくじゃ払うの無理でしょ、他の方法を考えたほうがいい」と拒否され、また数件の銀行に申請申し込みをしましたが当然おちて、磐田信用金庫のみ審査が通り、スルガ銀行から借り換えを行いました。

今は私も仕事に復帰、主人は転職し、何とか支払いを続けていますが、自分の経験から、「頭金ゼロ、30年ローン、預貯金なし」で、無理に住宅ローンは絶対に借りてはいけません。30年の間には、親の介護や仕事など、生活状況が必ず変わります。

払えなくなったら家を売ればいいと思うのも甘い考えです。なぜなら、売るときは家の査定に不足分を即金で用意しなければならないからです。簡単に貸すと思っても家をメンテナンスする費用が必要です。また、屋根の塗り替えなど、劣化してくる家のメンテナンス資金も蓄えておかなければなりません。

とにかく、住宅ローンを申し込む前によく情報を集め、40で借りて70まで本当に払えるかと考えることです。それは退職金で残りを支払える確証があるか、息子にバトンタッチの約束があるか等々です。これらができなければ、宝くじに当たらない限り、30年のローンなど払えるはずはありません。

貸してもらえた時はありがたかったけれど、今思えば、審査に落ちた銀行の方が良心的でしっかりしていたということがわかりました。甘い言葉に簡単に載ってはいけません。サラ金と同じことです。

モノより思い出。考え方によっては借家で貯金して、旅行や家族の楽しみを積み重ねていく方が利口だと思います。大失敗した私の経験お話ししました。さあ私は今日も必死で働きます。70歳までね。

▲▲住宅ローンの融資を受けたくて審査に出しました。他の都市銀行にも出しましたが、自営業がひっかかっているのか審査に通りませんでした。不動産屋に勧められて自営業ならスルガ銀行が審査が通りやすいというので、審査をお願いしました。

審査は無事通りましたが、他の都市銀行と比べて利子の高いのにびっくりしました。しかも、固定金利にはできずに自営業向きのローンしか組めないとの事でした。変動金利で、なおかつ利率が4%と提示されました。その高さにはびっくりです。

住宅ローンはなんとか利用したかったのですが、あまりに利子が高すぎるのと、変動金利では将来の不安がありますので、今回は見送ることにしました。気に入っている物件でしたが、このような結果になってしまいとても残念でした。

借り換えの口コミ

●●私と夫で共同債務者となって、静岡県労働金庫の住宅ローンを借りていました。20年前で、固定金利でした。その頃は固定金利が主流で、新築の住宅でしたが、住宅メーカーのおすすめでもあり、夫の会社も労働金庫と取り引きしていたため、他の銀行より格段に借りやすかったです。

ですが、それから不況と言われる頃には金利も随分と変わり、固定金利が非常に高いと思い初めた頃、色々な銀行の融資担当の方が借り換えを勧めに家にやってくるようになり、更に興味を持ち、市内の銀行を色々回ったものです。

そして、借り換えをしたのが8年前で、するが銀行の変動金利にしました。融資センターという銀行と別棟の店舗があり、凄く相談しやすかったのが決め手でした。今でも金利の見直しなどで気軽に出向き、なにかと相談をしているので、借り換えをして本当に良かったと思っています。

▲▲チラシにあった郵便局のフラット35が、今借りている住宅ローンよりも低金利だったので、すぐ郵便局に電話をしました。電話ではチラシ通り借り換えをすると良いことずくめだと言うので、会ってしっかり話を聞こうとその足で郵便局に行きました。

しかし、実際に詳細を知るとビックリすることばかりでした。

まず、郵便局の住宅ローンではありませんでした。スルガ銀行のフラット35を郵便局が扱っているとのことでした。

そして、確かに金利は安いのですが、団信が毎月のローン返済とは別に年に一回引き落としがあり、年々安くなるとはいえ、初回が約70万円スタートでした。

ローンの月々の支払額は確かに安くなるが、年に一回の団信が高すぎて、お金の工面に頭を悩ます私に郵便局の担当職員がビックリすることを言い出しました。

「勝手に通帳から引き落とされますから」

聞いた瞬間、体が固まった気がしました。担当職員は「振込などではなくローンと同じように口座引き落としだから楽ですよ」と言いたかったのかもしれませんが、そもそも約70万円を別に用意しないといけないこちらの都合はお構いなしです。

借り換えると得をするから、生活が楽になるからと思って、わざわざ足を運んだはずでした。話が違うと思い、何がお得になるのだろうと、多少怒りにも似た気持ちが沸き起こりましたが、とにかく最後まで話を聞くことにしました。

次に、借り換えをすることになった場合の手数料等、実際にどれだけのお金を用意しないといけないのかを聞きました。聞いてまたビックリしました。

火災保険を10年分前払いとのことで、さらに数十万円が必要です。今借りてる住宅ローンは、もちろん火災保険の契約が必要でしたが、年払いも選択できました。

どこをとっても、今回の借り換えは我が家にはメリットがまったくないと知り、借り換えるのをやめることにしました。それまで金利にしか目がいってなかったので、いい勉強になりました。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ