但馬銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

但馬銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。兵庫県に本店がある唯一の地方銀行として知られ、銀行名にもなっている但馬地方を中心に、兵庫県全域と大阪府と京都府で営業を行っています。メガバンクの三井住友銀行が同行の主要株主となっていることから、三井住友銀行との関係が深いと言われています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
その他 ・休日相談会を多数の店舗で不定期に開催している
・公式サイトで住宅ローンのシミュレーションができる
・長期固定金利の「フラット35」を取り扱っている
・変動金利でも固定金利でも好きな方を選ぶことができる
・資産作りに参考になる無料セミナーを不定期に開催している
・気軽に相談できる「住宅ローンセンター」が多数設けられている
・リフォームやオール電化などに使える専用のローンが用意されている

住宅ローン審査の口コミ

●●念願のマイホームを購入するのに住宅ローンを組む必要があったのですが、申し込みした複数の銀行の中で、一番金利が低かったのが但馬銀行でした。

不動産屋さんから「但馬銀行は最近住宅ローンに力を入れている」と聞いていたので「この金利の低いはさすが力を入れているだけある」と思いました。

ちなみに、自分が住宅ローンを購入した時はマイナス金利ではなかったので、現在と比べると高く見えますが、その当時に但馬銀行が出した金利は「0.900%」でした。

他の銀行の提示してきた金利は「1.20%」や「1.50%」だったので、但馬銀行に住宅ローンを申し込むことにしました。

自分は関西に住んでいるのですが、正直な話、但馬銀行なんて銀行が存在していることは住宅ローンを組むまで知りませんでした。

初めて銀行に訪問させてもらった時、担当してくれた人は丁寧で、指導がきちんとされているのだなと思いました。自分は住宅ローンに関しての知識はゼロに近かったので、わからない自分にも嫌な顔をせず、丁寧に教えてくれて、助かりました。

●●2011年に新築を購入した時にフラット35でローンを契約しました。「銀行よりも金利が低くて、ローンが借り入れしやすい」と不動産の担当の人から聞きました。実際に審査には2週間位はかかっていました。会社の知り合いの人は、フラットでは借り入れができなかったと聞いたので審査に通るまでは少しドキドキでした。

我が家は、初めに但馬銀行から借り入れ、その次にフラット35から但馬銀行にお金が入り、ローンの返済を但馬銀行に払うと国に返済されるという仕組みになっています。固定金利なので、35年後に払う金額までわかっていてとても助かります。銀行だと変動があるので私たちには固定金利の方が向いてるとも思いました。

●●自分は2年前にマイホームを買いました。不動産屋さんが仲介してくれた銀行が4社かあり、必要書類を4枚も書かされたことを思い出します。なかなか字を書くことが少ない仕事をしているのでさすがに疲れました。

銀行4社の名前は「関西アーバン銀行・三菱UFJ銀行・尼崎信用金庫・但馬銀行」です。その中で不動産屋さんに薦められたのが、最近住宅ローンを契約数を増やしているらしい但馬銀行でした。金利も他の3社より安くて、変動金利で0.900%でした。

自分はあまり住宅ローンのことに知識がなかったので、不動産屋さんに任せました。すると、不動産屋さんから今のままじゃ借りれないと言われました。

なぜかというと、車ローンの返済が給料の割りには高いとのことでした。この時は、若い頃から貯金をしていろって言っていた親に救われました。貯金を崩して車のローンを全額返済し、住宅の審査が通りました。

不動産屋さんが最初に言っていた「銀行は借金を特に嫌うから返せるものは返してください」という意味がわかりました。色々とお金を借りたりするときはちゃんと勉強した方がいいですね。

●●自分がマイホームを購入したのが1年前なのですが、その時はマイナス金利ではなく、住宅ローンは今みたいに低金利ではありませんでした。

しかし、不動産の仲介してくれた会社が、その当時では一番金利が安いであろう銀行を探してくれました。その銀行が但馬銀行です。その当時の金利は0.900%で、約2400万円の住宅ローンを組んでくれました。

住宅ローンを組んでくれるまでは、一苦労しました。不動産の仲介屋さんは3社ほどの銀行の住宅ローンを仮申請してくれました。しかし、自分にはカードローンや車のローンがあったので、一番最初に審査結果を出してくれた銀行は不合格でした。

このままでは他の二社の銀行も滑るのではないかと思いました。カードローンはそんなに額が大きくなかったので、自分の貯金で支払いました。

しかし、車のローンはそこそこの額が残っていたので、これを一括で払うにはどうしたらいいのか悩んでいる所に天使が舞い降りてきました。嫁が若い時から貯金していたお金をすべて自分に捧げてくれました。そのお金で車のローンを一括で払い終え、残りの二社に再申請してもらいました。

すると、ニ社とも合格でした。不動産の仲介屋さんは、住宅ローンは少しでも金利が安い方がいいと言って、もう一社の住宅ローンを申請してくれました。それが但馬銀行です。

自分の担当してくれた但馬銀行の営業マンも丁寧に説明してくれ、きっちり対応してくれました。今は、どこの銀行も金利が低くなってきているので、借り換えしようか迷っていますが、但馬銀行にもお世話になったので、もう少しこのままに但馬銀行にしとこうと思います。

●●不動産屋さんから勧められた銀行の中で、一番金利が安かったのが給与振り込みで利用しているこちらの銀行だったので、即決でした。

借り入れから数年後に、一度だけ繰り上げ返済をしたのですが、その時に担当してくださった方が言うには、こまめな繰り上げ返済よりも、まとまった金額での繰り上げ返済のほうが良いのでは、というお話でした。

手数料など、何となく言いたいことは分かったのですが、その時に何がどれほどお得なのかなどの具体的な金額の説明をして欲しかったと、後になってからじわじわと感じるようになりました。

担当の方は感じの良い方で、不愉快な思いは一切しておりませんが、その時にわずかばかりながら繰り上げ返済をしたお陰で、それ以降毎月の返済額が数千円程度安くなったということもあり、ますます少額でもこまめな返済のほうが良いのでは…と、思えています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ