東邦銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

東邦銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。福島県福島市に本店を構えている地方銀行で、東北地方第2位の規模を誇る大手地銀でもあります。福島県内を中心に営業活動を行っていますが、仙台や宇都宮や東京などといった大都市にも支店を開設しています。住宅ローン商品の種類も豊富にそろえられています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・スーパー住宅ローン「プラス7」
・レディース住宅ローン「きらら」
・マル信無担保住宅ローン
・リフォームローン(無担保型)
・マル信借換えローン(無担保型)
・疾病保障付住宅ローン
フラット35

住宅ローン審査の口コミ

●●数年前に、中古ですが戸建を購入しようと、住宅ローンを検討しました。金利などを比較してみると、他の地方銀行は固定金利で大体1.5%以上で、どこも似たり寄ったりでした。

不動産屋さんと交渉をしている最中で、そろそろ契約書にサインをしようかと思っていた時期でした。東邦銀行のホームページを見ていると、やはり1.5%程度。ここも同じかと思っていたのですが、下の方に小さく震災特別応援プランとの文字が。

この時は2012年で、その前の年には東日本大震災が発生。原発事故も重なって近所では軒並み県外へ退避、もしくは引っ越しをする状況で、近隣には中古物件も相当数出ていました。

その「震災応援」との文字をクリックすると、なにやらPDFが。開いてみると「金利固定10年で1.2%、以降は変動」と書いてありました。固定で1.2%は、どの銀行でも見なかったので、すぐに事前審査を申し込みしたところ「事前審査では大丈夫です」との返事が。

物件代と書類作成などを含め、総額で1400万、20年ローンで月6万円弱の返済。今まで住んでいた借家は月6万超でしたので、この物件とローンで進めることにしました。

今は金利が下がっていますが、いろいろHPをくまなく探すと「ん?」と思える文言を探せることかと思います。

ローンの本申し込みの際は、銀行に私、売主、不動産担当者、それに司法書士、最後に誰だろうと思っていたら、火災地震保険の会社の方。思わず「根回しがいいな」と思ってしまいました。ほとんど断らないんだろうし…。知り合いに保険屋さんがいるのなら、きちんとお断りするのもいいかもしれません。

ここで本当は一つ不安がありました。実は過去にローン会社から借入れを断られたことがありましたので、審査結果を聞くのが一番緊張しました。でも、意外なほどあっさり「すんなり通りました」との回答を頂き、安心したのを覚えています。

最近ではいろんな銀行で復興応援というプランが出されていますので、金利のみならず、色々優遇されるケースがあると思います。よくHPやパンフレットを隅々まで確認されるといいかと思います。

借り換えの口コミ

●●数年前に地元の東邦銀行で借り換えを行いました。きっかけは、東邦銀行からのDMです。ちょうど借り換えを推進していたようで、顧客に借り換えの案内をしていました。その当時、国の住宅金融公庫を利用していました。最初の金利は2.8%。借入金額は3000万円を超えていましたので、毎月の返済額は相当なものでした。

子供も中学、高校と進み、お金がかかる年頃に。そんな状況もあり、住宅ローンの返済をなんとか減らせないかと妻と相談をしていました。その矢先、銀行からの借り換えの案内。とりあえず、毎月の返済額がどのくらいになるか試算をしてもらおうと、銀行に相談にいきました。

銀行のスタッフの方に返済状況を説明し、その内容から素早くシミュレーションをお願いしました。すると、金利が2.0%に。そして返済額も、年数を5年伸ばすことにより、だいぶ減りました。

更に、変更登記の費用や諸経費を含めても、だいぶ金額が少なくなりました。保証料についても、勤務先や預金残高、取引状況から、かなり低めになりました。そして、残金と諸経費を足した金額を借り換えすることを決断しました。

年数を5年伸ばしても、最終返済額は以前の金融公庫の総返済額と比べて低くなりました。後日、本申し込みを行い、借り換えを実行しました。返済額の見直しや借り換えは効果が大きく、検討してみてもいいかもしれませんよ。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ