トマト銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

トマト銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。岡山市に本店を構える第二地方銀行で、1989年までは山陽相互銀行という名称で営業をしていました。可愛らしくそして独特な名称が特徴的なトマト銀行ですが、アメリカにある「トマトバンク」や、韓国にある「トマト貯蓄銀行」とは全く関係性はありません。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 3年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・トマト・スーパー住宅ローン
・トマト・スーパー住宅ローン(借換え専用)
・トマト・ガン保障特約付き住宅ローン
・あんしんプラス9【ナイン】住宅ローン
・トマト・ハピネス住宅ローン
・トマト無担保借換え住宅ローン
・トマト・リフォームローン1000
フラット35
・フラット50

住宅ローン審査の口コミ

●●我が家が家を新築する際、その時期の市場金利はとても低いものでした。フラット35が理想だったものの、返済金額が予定よりもオーバーしてしまう為、我が家は10年固定にしました。月々の返済金額が安い3年固定も迷いました。

しかし、目先の金利優遇期間の低金利に合わせて返済金額を決めてしまうと、その期間が過ぎた時の大幅アップが怖かったんです。3年後に金利が上がっていなくても、金利優遇期間が終わっただけで月々の返済金額が大幅にアップしてしまいます。家を建ててから3年なんてあっという間に過ぎてしまいます。

それに、我が家は新築なので3年間の固定資産税が減税対象なんです。ちょうど3年後といえば固定資産税の減税期間も終了してしまうので、税金もアップしてしまいます。返済金額・住宅ローン返済金額アップが同じ時期なんて怖すぎます。

その為、我が家は10年固定金利に決めました。その頃には息子も手が離れ、私も仕事を増やせるので何とかなるだろうと考えています。

●●私は2013年4月に家を新築し、トマト銀行の「スーパー住宅ローン」を利用しています。それに加え、「あんしんプラス9」というものにも加入しています。

私は、その存在を知るまで住宅ローンに対して不安を抱いていました。主人にもしもの事があったら、ローンを払い続ける事ができないという不安です。しかし、「あんしんプラス9」に加入した事で、安心する事ができました。

「あんしんプラス9」というのは保険のようなものです。主人が3大疾病と診断されたり、5つの重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)で、所定の支払事由に該当すれば住宅ローンの残高が0円になるのです!

また、主人が入院すれば、日帰り入院だとしても一時金として10万円が貰えます。1回の入院につき最長2か月分の支払をしなくて済みます。主人だけでなく、妻である私が女性特有のガンになった場合も、100万円の一時金が貰えます。

「あんしんプラス9」を付けるには、月々わずか1124円でOKでした。トマト銀行で住宅ローンを組むのならば、「あんしんプラス9」を付けるべきだと思います。私はこのおかげで、将来への不安が減りました。

▲▲2010年に家を新築するのに住宅ローンを組ませていただきました。もちろん初めての経験ですので、分からない事だらけでした。分からないなりにも高額な借金を背負うわけですから、自分なりに勉強もしたつもりでいました。

しかし、専門用語だらけで、何を分かっていて何を理解できていないのかすら分からない状況で契約がすすんでいきました。そして、問題が起こってしまったんです。

住宅ローンを組む際には保証金が必要となります。これも住宅ローン内に組み込んで頂く話だったのですが、仮審査の段階で通りやすい様にと一括で支払うように変更されていたんです。銀行側は説明したとの一点張りでしたが、毎回付き添って頂いた工務店の社長も聞いていません。

結局は一括でお支払いしたのですが、当てにしていた80万もの大金が一度に手元からなくなってしまい、不安を抱えたまま新築の家に住み始めました。今では快適に暮らしていますが、自分の勉強不足を反省すると共に、銀行へは大きな不信感を抱えたまま、住宅ローンを返済しています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ