山形銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

山形銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。山形市に本店を置く地方銀行で、2兆円を超える総資産と多数の顧客を抱える大手企業として知られています。主要な営業基盤は山形市と米沢市ですが、県内の他の市町村を始め、宮城県仙台市や東京などにも支店を持っています。もちろん住宅ローン商品も人気があります。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~15年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・オーダーメイド
・がん保障付住宅ローン
・8大疾病保障付住宅ローン
・ハートフル団信付住宅ローン
・3大疾病保障特約付住宅ローン
・住宅ローンミックスプラン
・無担保住宅ローン
・無担保借換住宅ローン
・長期固定型住宅ローン「フラット35
・住宅サポートローン

住宅ローン審査の口コミ

●●注文住宅で新たに家を建てた時に、住宅ローンをお願いしたのが山形銀行でした。

ハウスメーカーの方が色々な銀行の住宅ローン金利について下調べをしてくれたおかげで、スムーズにいきました。金利は変動で0.53%ということで、当時としてはかなり安い金利で借りることができました。

実際、住宅ローンの手続きで担当していただいた銀行の方は、物腰も柔らかく、言葉使いも非常に丁寧でした。身だしなみもきちんとしており、こちらを不快にさせる要素はありませんでした。

すでに金利の方は決まっていたので、その後の事務手続きも非常にスムーズに進みました。何回か銀行に足を運びましたが、毎回対応は丁寧で非常に好感が持てました。

最後に金融商品の案内をされました。今は特に考えていませんとお断りしましたが、余裕ができたら是非ご検討下さいと念を押されました。

多分、営業所全体のノルマのようなものがあるのか、上司から言われているのか分かりませんが、最後に少し残念な気持ちになりました。ただ、総じて対応は良かったです。

●●住宅メーカーさんから「馴染みのある支店の方が融通が効くかもしれない」と言われ、住宅メーカーさんを通して審査を受けることになりました。年収的にもギリギリでしたが、審査が通ることができました(他の銀行では、審査の前から夫一人の年収では厳しいと言われていました)。

銀行の方というよりも、住宅メーカーの担当の方がローンの内容まで説明してくれたので、とても分かりやすく、安心しました。銀行の担当の方はわからないことや抜けてしまった書類など迅速に準備して下さり、とても助かったのを覚えています。

ただ、仕方のないことなのですが、翌年に異動になり、不安があったのも事実です。適切な借り換えの時期なども自分達で把握しなくてはならなかったり、病気や怪我の際の手続きなども心配です。担当の方がいるかいないかで、安心感も大きく異なってきます。

金利については、時期的にも安かったので大変良かったです。もし、この金利で借りることができなければ、夢のマイホームを実現することは難しかったと思います。金利や補助金などを利用して購入したので、得した気分を味わえています。

金利の仕組みを何も知らない人が、あれこれ一から覚えることはなかなか難しく、必要な書類を集めるのも大変です。ですが、住宅メーカーの担当の方を中心に、丁寧に何度も教えて頂き、心強く手続きを無事終えることができました。

●●労働金庫と山銀と迷いましたが、結局山形県では一番大きいシェアを持つ山形銀行にしました。大手ハウスメーカーで建築したので、ハウスメーカーの担当者と銀行の間で話が通っていて、スムーズに契約することができました。

必要書類を記入し、審査を受けました。審査は現在の貯金額や収入額等でした。持っている全ての銀行通帳(他銀行も含む)のコピーや所得証明等を添付しました。

変動金利と固定金利で迷いましたが、わかりやすい丁寧な説明と将来像を踏まえてのプランを考えて説明していただいたので、納得してどちらかを決めました。

毎月の引き落とし額とボーナス時の金額を計算し、ローン返済終了年月までの計画表を配布されました。大きな買い物ですので、不安がいっぱいありましたが、山銀さんからローンを組めて良かったと思います。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ