大和信用金庫で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

大和信用金庫が提供している住宅ローンのご紹介です。奈良県桜井市に本店を構える信用金庫で、1932年に設立され、1975年には生駒信用金庫と合併しました。資産額や従業員数などを見ると、信用金庫としての規模は決して大きい方ではありませんが、中小ならではの地域密着型の営業で、地元ではよく利用されています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 1円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・イーアルジ(しんきん保証基金保証)
・イーアルジ(全国保証株式会社保証)
・リフォームプラン
・リピートプラン

借り換えの口コミ

●●私が結婚した当時はまだ住宅金融公庫というものがありました。住宅を販売する際に、この公庫のローンがついているかどうかで購入を判断すると言ってもいい位の存在で、金利も非常に低かったのを覚えています。

私はちょうどマンション購入を検討していて、住宅金融公庫の住宅ローン付きというマンションで素敵な物件があったので購入する事にしました。ところが、若かったせいか先の事を考えてなかったんですね。ゆとりローンというのを組んでしまってまして、将来かなり返済額が増えてしまう事にしばらくしてから気づいたんです。

これはまずいと思った私は、地元の信用金庫の方に相談してみる事にしました。窓口に行くと別室に通されて、男性の方が丁寧に挨拶してくれた後、分かりやすく説明してくれました。こちらの住宅ローンですと金利はずっと変わらないし、かなり低金利だという事が分かり、さっそく借り換える事に。

結局こちらの信用金庫で借りたお金は全て返済しました。その方の対応があまりに良くて、貯金もこちらの信用金庫でするようになりました。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ