優良で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

優良住宅ローンが提供している住宅ローンのご紹介です。「住宅ローン」という言葉が繰り返し出てきてしまうため、少し分かりにくいかもしれませんが、「優良住宅ローン」というのは会社の名前です。長期固定金利で知られるフラット35を主に販売するための会社として設立されたという経緯を持っています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 15年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ○(無料)
繰上返済額 100万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・マイホーム【フラット35
・マイホーム サポートスリー
・火災保険と【フラット35】

住宅ローン審査の口コミ

●●2006年に優良住宅ローン社より、フラット35で2500万円ほど融資を受けました。現在もこのローンを利用しています。当時としては、利率は低い方でした。

当初からあまりサービスが良い印象はほとんどありませんでした。融資と同時に火災保険と地震保険にも申し込みましたが、保険商品のことがよくわかっていない担当者の方に対応されました。

また、繰り上げ返済の申し込みについても、一度、書類の送付を忘れられてしまい、返済計画がずれてしまいました。繰り上げ返済のシミュレーションについては、あまり親身になってシミュレーションをしてはくれません。返済月額の増額をお願いした際には「いくらにします?」といきなり聞かれたくらいです。

良い点としては、このような単刀直入なサービス故に、自分で返済シミュレーションの計算ができる人であれば、初回の融資申し込みを別にすれば、ほとんどの変更申し込みを五分程度の電話で済ますことができるということが挙げられます。

私の場合、毎年、数千円単位で返済月額を増額していますが、毎回五分程度の電話で終わりますし、渋られることもありません。全体的には、顧客サービスにお金をかけないという姿勢が強く現れている金融機関だったと思います。

●●株式会社優良住宅ローンで、フラット35Sのローンを使いました。フラット35Sの金利が低かったのと、固定金利が絶対に良かったことでフラット35を選びました。たまたま買った物件がフラット35Sを使えたので、そちらのローンにしました。

私は金融機関やローンに疎かったので、知り合いのFPさんに色々と相談をして、優良住宅ローンを紹介して頂きました。審査についても特に問題は無く、すんなり通りました。こちらは借金やクレジットカードの支払い遅延など、審査に通らない要因は無かったからだと思います。

「優良住宅ローン」という会社自体の知名度が低く、私もFPさんに紹介して頂くまで知りませんでした。現在も余り知名度は無いのではないでしょうか。FPさんに紹介して頂いた会社じゃなかったら少し不安だったかなとは思いますが、私の不安はよそに、親切に色々と相談や質問に答えてくれました。

接客態度に不快な思いをすることもなく、真摯に対応して頂けたと思います。住宅の火災保険もこちらの要望を聞いて頂いて、いくつか保険会社も紹介して頂きました。

優良住宅さんのお蔭で、分かりづらいローンのこともスムーズに進んで、非常に助かりました。目先の金利に誤魔化されて変動金利にせず、フラット35にして良かったと今は思っています。

借り換えの口コミ

●●10年前にフラット35を金利3.2%で借りました。その翌年、会社の業績悪化につき年収が減り、繰上げ返済の好機を逃しました。また、ローン返済のために生活の質を下げると働く意欲も低下するため、長く細くムリなく返済するつもりで、そのまま見直しせず、過ごしました。

4年後に海外赴任となり、減税措置の対象外になったことを契機に、住宅ローンの金利を調べました。しかし、海外在住ではローンの借り換えはできず、任期が終わり、日本に戻り、住民票を得てから実際の借り換えの運びになりました。

短中期の変動型では1%前後もあり魅力的でしたが、長期にこだわり、借り換えのリスクの少ないものを選んだ結果、同じ金融機関のフラット35で金利1.56%になりました。借り換えにもお金はいりますし、長い目で見て賢い選択だったのかは分かりません。

ただ、メガバンクのローン返済相談会に参加したり、優良住宅ローンの担当者の方と話した感触では、タイミング・商品共に自分に合っていると今は思っています。

最初に潤沢な資金や援助があったり、繰上げ返済ができるような恵まれた環境ではなくとも、生活の質を下げずにコツコツとマイホームを保持できていることは、自己満足かもしれませんが、上できだと思っています。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ