城南信用金庫で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

城南信用金庫が提供している住宅ローンのご紹介です。東京都と神奈川県を営業エリアとし、本店を品川区に置いている信用金庫です。かつては日本最大の信用金庫として知られていましたが、現在は首位の座を京都中央信用金庫に譲り、第2位に位置しています。80以上の支店と3兆円を大きく超える総資産を抱えています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 8,000万円
固定金利期間 1年~35年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・城南スーパーマイホーム
・節電プレミアムローン

借り換えの口コミ

●●毎月の支出の部分で大きな割合をしめる住宅ローンですから、少しでも安く抑えたいと考えるのは当然のことです。我が家は新築一戸建てで、購入してから三年になります。

先日、城南信用金庫の方が住宅ローン借り換えの営業に来られました。最寄り駅に大きな店舗がありますので、そちらから来たとのことでした。私は借り換えに興味があったのですが、出かけるところでしたので『また後ほど来てほしい』との旨を伝えました。若くて活気のある、好感の持てる営業の方でした。

その日の夕方には上司の方と一緒に、再び訪問して下さいました。現状をお伝えし、借り換えについて相談したところ、計算すると我が家の場合は月々の支払いが8000円ほど安くなるということでした。

借り換えにかかってくる手数料などはすべてローン返済の中に組み込んであります。最寄り駅にある店舗で、これからもいろいろとお世話になるだろうと思い、その場で借り換えを決断しました。

もちろん低金利の条件を満たすためには給料振込口座に指定することや、公共料金の引き落としなどのポイント制の条件を満たす必要がありますが、支出も一つにまとまった方がお金の流れがあとから分かりやすいですから苦ではなかったです。

●●結婚前、夫が今のマンションを購入する際、住宅金融公庫と建築助成公社でローンを組みました。2社から借りていて、しかもボーナス払いもあったので複雑でしたし、減給やボーナスが支給されなかった時など、万が一のことを考えて、3年ほど前に城南信用金庫の「城南スーパーマイホーム」に借り換えました。

借り換えたことで金利も低くなり、バラバラに分かれていたローンの返済も1つにまとまったので管理が楽になりました。

借り換えた当初こそ、公共料金の支払いや定期預金契約などの別商品のセールスもありましたが、信金の取扱い商品が少なく、経営も安定しているせいか、現在まで余計なセールスも一切なく、安心してローンを組み続けることができています。ただ、店舗が東京と神奈川しかなく、2都県在住の人しか契約できないのが難点です。

●●新築の戸建てを購入した時、わたしは転職数ヶ月後であった為に、多くの銀行で借り入れを断られ、割と高めの金利で何とかローンを組んだのでした。そんな中、引っ越しから一年ほど経過した時に、地元の城南信用金庫の営業マンが我が家を訪ねてきました。

住宅ローンの借り換えの案内でした。午前9時で仕事に出かける時でしたので、興味があることを伝え、夕方以降にもう一度訪問してほしいと伝えると、当日の18時ごろだったと思いますが、上司の方と一緒に再度訪問して下さいました。

借り換え時の金利を提示され、現状の金利とどの程度支払いが変わってくるのかをその場でシミュレーションしてくれました。シミュレーションの結果、借り換えに関する手数料などをすべてローンに組み込んだとしても、わたしの場合は毎月の支払額が一万円以上安くなる計算でした。

妻とその場で相談し、安くなるのならということで借り換えを決めました。借り換えに関して審査はありましたが、住宅ローン以外のローン等もありませんでしたし、特に問題はありませんでした。

ただし、安い金利を受ける為には、銀行が設定したポイントというものをクリアする条件がありました。たとえば、電気代口座引き落としで1ポイントといった具合で、10ポイント以上をクリアしていなければいけませんでしたので、その手続きが面倒でした。

●●借り換えする前に利用していた銀行は東日本銀行という地方銀行です。当時、借り入れ残高約2000万円、返済期間が約17年残りがあるという状況で、住宅ローン利率も2%前後だったと記憶しております。

特に不満もなく、借り入れ当初から予定通り返済をしていたのですが、たまたま城南信用金庫の営業担当の方が見え、住宅ローンの借り入れの提案をされたことがきっかけでした。

ご提案の内容は、変動金利であれば0.7%前後での借り換えが可能で、毎月の返済負担が1万円近く減るという内容でした。また、0.7%という金利には団信が込みであるという点から、借り換えする上でメリットしかないという印象でした。

実際に借り換えをする手続きも煩雑なんだろうなと思っておりましたが、何度か営業担当の方が見えて、必要書類も委任状による代理取得等も利用したことで、会社を休んで手続きをするということも最小限に抑えることができました。

住宅ローンに関して、返済負担が減ったことや将来設計を見直すきっかけになったことはメリットですが、お付き合いで定期預金を組んだり、その他キャンペーンや相談会など毎回熱心にお誘いされるのが少し拘束されているような気分になりました。

そのようなこと以外では、むしろいいことばかりだったので、住宅ローンを利用して一度も見直したことない方は相談会に参加してみたり、営業の方のご提案に少し耳を傾けてみるのも大事なのかもしれません。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ