近畿大阪銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

近畿大阪銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。大阪市中央区に本店を置く地方銀行で、2000年に近畿銀行と大阪銀行が合併して誕生しました。現在は大手都市銀行のりそな銀行などと同様に「りそなホールディングス」の傘下に入って営業を行っています。また、京都や兵庫や奈良にも支店を構えています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 5,000万円
固定金利期間 2年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・住宅ローン
・借りかえ専用住宅ローン
・建てかえ住宅ローン
・住みかえ住宅ローン
・エコ住宅ローン
・LONG50 ズーモ
フラット35
・諸費用ローン
・疾病保障付き団体信用生命保険

住宅ローン審査の口コミ

●●近畿大阪銀行で住宅ローンの新規の借り入れをしました。知り合いに、近畿大阪銀行で借り入れをした方がいたので、おすすめされたことがきっかけです。

窓口で借り入れをしましたが、対応はとても丁寧で、説明も分かりやすく、審査までの連絡もこまめにしてもらい、おおよその流れを具体的に教えてくださったので、安心して借り入れを進めることができました。

結果として審査が通り、融資が実行されましたが、今後の返済計画などについても説明が丁寧にされたので、将来的な返済プランも具体的に考えることができて、とても良心的な銀行だなと感じました。

また、小さい子供が一緒に来店したにも関わらず、騒がしい中でも子供たちにも優しく接してくれて、気持ちよく取引をすることができました。金利も思っていたよりも低い利率で貸してくれたので良心的でした。

今後、車のローンなどの借り入れをすることがあれば、こちらの銀行を使わせてもらいたいなと思いました。

●●近畿大阪銀行でのローンを借り入れしました。近畿大阪銀行は、りそな銀行がメインバンクとして後ろについています。実際、近畿大阪で借り入れする際に、りそなの社員の名刺を4枚ももらいました。

きっかけは住宅メーカーからの推薦で、ちょうどりそなが統合した時でした。新規契約だったので、銀行や住宅メーカーの言いなりになっていました。今では銀行に電話するくらいはできますが、自分で探すという選択肢は考えられなかったのです。

どの分野にも自分の取り分というものを見ているので、ローンを組めた分の手数料はしっかりと取っていました。100万円近いお金が住宅メーカーの取り分としてあったように思います。

●●我が家の住宅ローンは近畿大阪銀行でお世話になっています。平成17年度4月に3,550万円の借入契約をして9年目になります。頭金とボーナス払いはなしで35年ローンを組みました。月額107,000円の返済額は正直とても厳しいものでした。

少しでも途中で返済しておけば、将来の返済額も減るだろうということで、途中で現金で300万円を返しました。しかし、毎月の返済額は変わることはありませんでした。多少なりとも毎月の返済額を安くしようと、他の銀行での借り換えを検討することにしました。それがちょうど平成23年11月のことです。

3つの銀行で見積を取り、新生銀行が一番利率が低かったので、第一希望として視野に入れました。手続きをしようと近畿大阪銀行に連絡を入れると、利率を引き下げるのでこのままローンを組み続けてほしいと懇願されました。

結局、他社での借り換え時に必要な手数料や印紙代を含めても、近畿大阪銀行の方が安くなるという結果になりました。近畿大阪銀行では新たに利率を下げて再契約をし、毎月の返済額を11,000円減らすことができました。

●●はじめて住宅を購入するにあたり、全額用意できなかったので、住宅ローンを利用することになりました。

主人は中小企業勤めで、お給料はいわゆる平均年収のラインよりかなり少なく、私自身も子供が小さかったのでまだ働きに出ることもできずで、主人の年収のみで審査が通るところを探すのが、まず一つボーダーラインになりました。

本当は、金利の安いネット銀行系で借りたかったのですが、相談に行くと、やはり一定金額のボーダーライン年収があるようで、主人の金額ではとても無理でした。そこで、住宅を購入する際の担当の方に相談し、そのマンション会社と提携をしている銀行にいくつか審査を出してもらいました。

三つほど通ったのですが、その中でも金利の安さはもちろん、団信の内容が手厚かった近畿大阪銀行に決めました。

実際、梅田の相談センターに行って、住宅ローンが初めてなので色々基本的なことから相談をさせてもらったのですが、丁寧にひとつずつ教えて下さり、ローンを組むことに対する色々な不安や心配事なども解消されたので、安心して近畿大阪銀行に決めることができました。

ネットで繰り上げ返済の手続きができるところも、実際利用してみて便利です。余裕のある時に少しづつでも返済したいです。

●●マンションを購入するにあたり、本当は現金で全額支払いたかったのですが、どうしても用意することができず、ローンを組むことになりました。

それまでは借金というものを経験したことがなかったため、ローンを組むということに対して正直結構な抵抗感がありました。しかし調べてみると、住宅ローンを組んでいる方はかなり多いということがわかり、とりあえずマンションの購入会社と提携をしていた金融機関にいくつか審査を出してもらいました。

通った中で、金利のより低いほうを選んだのですが、それが近畿大阪銀行でした。仮審査を申し込んでいる時点で、自分でも住宅ローンに対する不安などがあったので、近畿大阪銀行の相談コーナーのような所にいって、一対一で色々教えていただきました。

ローンの仕組みをはじめ、返済方法や専門用語の意味など、分からないことを正直に伝えて、ひとつづつ教えてもらうことができたおかげで、かなり不安が解消されたように思います。

また、実際これから長期にわたり付き合っていくことになる銀行ですので、契約を決めてしまう前に、実際にその銀行の方と対峙してお話をする機会を設けるというのは大事だったと思います。疑問を残したまま適当に組まなくてよかったと思いました。

●●出産を機に家の購入を決めましたが、まだ2人とも若かったので貯金もそんなになく、当然のように銀行の住宅ローンを利用することになりました。どこの銀行で借りるのが良いのかわからなかったので、不動産業者に提案された近畿大阪銀行で借りることにしました。

夫は会社員、私は専業主婦、年収も多くなかったので審査に通るか不安でしたが、スムーズに審査に通って3000万円借り入れることができました。

しかし、当時は自動車ローンが残っていたので、家の頭金に入れる予定だった200万で先に自動車ローンを完済しました。他に借り入れがあると、住宅ローンの審査に通りにくいと聞いたのでそのようにしたのですが正解だったと思います。家と車、両方の返済をするのは大変なことなので…。

頭金が減った分、毎月の返済額は増えましたが、35年ローンが組めたので無理のない範囲で返済できています。金利は他の銀行ともほぼ同じくらいだったと思います。

銀行全体の雰囲気もとても明るく、対応してくれた銀行の方も親切でした。生まれて初めての大きな買いもの、さらに今までにない多額の借り入れに緊張していたのですが、丁寧な接客に緊張が少しほぐれたのを覚えています。

念願のマイホームを手に入れ、夫婦仲もより深まりました。

●●現在住んでいるマンションを購入する際に、審査を通ったのがこの銀行でした。当初、三菱UFJ銀行が一番金利が安かったので、そちらを利用したかったのですが、審査が通らず断念。次にマンションのディベロッパーが勧めてきたのが、近畿大阪銀行でした。

「給与振込みをこちらの銀行にすること」「ネットバンクの口座を開設すること」「クレジットカードを作ること」など、結構いろいろ条件を出され、しかも金利がちょっと高かったです。ただ、イオン銀行や住信などもあたってくれたみたいなのですが、通らなかったみたいなので、この銀行になりました。

給与振込みを以前は三菱UFJ銀行にしていたので、ATMの手数料や振込み手数料など、いろいろと優遇されていたのに、やはり地方銀行ですのでそういったサービスが悪く、ちょっと残念に思います。

しかし、ポイントがたまる制度があって、ワオンなどにポイントが移行できるので、知らぬ間に1000円ぐらいのポイントが貯まっていて、その点はよかったなぁと思っています。今のところは、借り換えなどは考えてないです。

●●住宅販売会社の紹介で、近畿大阪銀行での借り入れをすることになりました。本当は大手銀行での借り入れを考えていましたが、融資が下りやすいということと、多少の無理は聞いてくれるという販売会社の担当者の話で、借り入れすることにしました。

金利は、大手銀行よりも多少高い金額になりますが、近畿大阪銀行の親会社がりそな銀行なので、りそな銀行よりも金利が安くなることはないと感じることができました。近畿大阪銀行の中での融資をしてくれる小部屋の中で、近畿大阪銀行の人間と、りそな銀行の人間が名刺交換していたのが、とても印象的に思いましたね。

その後、金利引き下げ交渉にも応じてくれましたし、納得して借り入れしている銀行です。これからも、近畿大阪を使っていきたいと考えています。

借り換えの口コミ

●●住友銀行(現:三井住友銀行)で主人の給料を出し入れしていた関係で、ここで住宅ローンを契約していました。その頃はバブルがはじけた頃で、今では考えられないほどの金利で、毎月10万円返していましたが、その中の9万円が金利でした。この金利のことを考えるといつになれば返せるのか不安になる毎日でした。

それから5年ほど経ったある日、新しく近くにできた大阪銀行(現:近畿大阪銀行)の営業マンが来て「住宅ローンの借り換えをしませんか」と言われました。新しい銀行というだけあって金利が驚くほど安くなるのです。

300万円ほどの頭金を必要としましたが、良い話なので家の財産をつぎ込んで借り換えに応じました。それでかなり楽に返済できるようになりました。

●●借り換えをする時は、事前に下調べする必要があります。自分の借りている銀行の金利を調べて、それから他銀行の利率を調べる必要があります。その上で、他銀行に借り入れ可能かを調査してもらいます。

私の場合の問題点は、借り換えするときに、さらに手数料という形で約100万円のお金が取られるということでした。みずほで借り入れすると、金利が下がって月払いの金額も下がるということで、その手数料がなければ完全に借り換えしていました。

結局は近畿大阪銀行に掛け合って、「みずほ銀行がこの値段で借り換え可能だと言っていますが」という提示をしてみたところ、「金利を下げて月額の値段を合わせるようにするので、乗り換えはしないでください」と言われました。

手数料を1万5000円ほど取られましたが、100万円払うと考えると安くついたので、納得の取引でした。銀行の乗り換えにはなりませんでしたが、借り換えという作業は成功しましたね。

●●借り換えの営業にみずほ銀行の方が訪問されたり、別の信用金庫の方から電話で頻繁に借り換えを勧められていました。

その当時、特に借り換えを考えてはいませんでしたが、近畿大阪銀行にて35年のローンを組んで約7年近くが経過しており、ポストに入っていた他の銀行の金利が安かったので、借り換えを検討し始めたのです。

早速、近畿大阪銀行に電話をして、他の銀行への借り換えを検討している旨を伝えました。電話口の方は、とても慌てた様子で「何かお気に召さないことがありましたか?」と尋ねてきました。

率直に「今の金利が他の銀行に比べると高いことに気づき不満に思っている」と伝えました。「後日お客様が借り換えを検討されている銀行の名前とその金利を教えて欲しい」と言われ、2つの銀行から借り換えの見積もりをもらって、持参しました。

「ぜひ何とかさせていただきたいので、借り換えを考え直して欲しい」と懇願され、金利も思った以上に引き下げた提案をして来られたのです。これには大変驚きました。今まで支払っていた月額よりも約1万円も安くなるのですから。

実は、他の銀行への借り換え時には、手数料が発生したり、ある程度のまとまった現金が必要でした。金利は下がり月々の支払いは楽になるものの、一時的に30万円ほどの現金が必要であったこともあり、結局、銀行は変えずに近畿大阪銀行にて金利を引き下げてもらい、借り換えする形となったのです。

電話での接客も、対面での接客も、必死で顧客を手放したくない様子がとても伝わってきました。最終的には銀行は変わらなかったものの、こちらが納得する金利で借り換えの契約を結ぶことができたので、とても良かったと思っています。

●●私は近畿大阪銀行で住宅ローンの借り換えを行いました。

近畿大阪銀行は、りそなグループ傘下の地方銀行で、私が相談に行った際にも、なぜか近畿大阪銀行とりそな銀行の近くの支店の行員さんが駆けつけてきて、名刺をもらいました。悪い気はしませんでしたが、何をしたかったのかについては未だに分かりません。

近畿大阪銀行で借り換えを行おうと思ったのは、住宅ローン返済にあたり、HPで見た借り換え金利が少々お得なのではないかという軽い気持ちでした。少し相談でもしようかという感じでしたが、一対一で懇切丁寧に相談に乗っていただきました。

話を聞いてみると、確かに少しばかり金利が安くなるのは事実みたいでしたが、他行と比べればコンマレベルの差なので正直悩みました。そして、仮に申し込みをした場合でも、審査が下りるかどうかは分からないと言われました。

そして、審査が下りやすくなるようにと、様々な条件を提示されました。給料振込口座を作成すること、カードローンに申し込むことなど、様々な条件がありました。

正直、そこまでする必要があるのかなと悩みました。カードローンなんて住宅ローンよりも金利が高いんじゃないの…と、心中で思ってしまいました。

ただ、金利が安く、ネットで手続きができるなど、便利な面もあり、行員さんも丁寧だったので借り換えを行うことにしました。年収のボーダーラインについても、優しくはありませんが、ネット銀行よりは良心的ではないかと思います。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ