紀陽銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

紀陽銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。和歌山県和歌山市に本店を構え、和歌山県と和歌山市の指定金融機関となっています。和歌山県では知らない人はいないと言っても過言ではないほど知名度が高く、同県内では預金残高や貸出金残高などにおいて非常に高いシェアを誇っています。また、大阪府と奈良県と東京都にもそれぞれ支店を設置しています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ○(無料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・スペシャルマイチョイス
・長期固定金利住宅ローン
・無担保住宅ローン
・紀陽長期固定金利型住宅ローン【フラット35
・紀陽【フラット35】パッケージローン

住宅ローン審査の口コミ

●●地方銀行で地元では1番みんなが利用している銀行だったので安心感はありました。住宅ローンの借り入れをどこでするか最初はかなり悩みました。

ネットバンキングの方が金利が安く、保険も充実していたので、最初はネットバンキングかイオン銀行にしようかと思っていました。でも、よく使う地元の銀行の方が何かあった時に便利だし、安心だという理由で紀陽銀行に決まりました。

ローン借り入れ時の金利は変動で0.975%でした。金利引き下げのためにいくつか条件がありました。給与振込の口座にすること、カードローンを使えるようにすること、など。でもどれもすんなりクリアできるものばかり。

審査は1週間程度で結果がでましたが、住宅メーカーの方と銀行とのやりとりで、たぶん通るだろうと言われていたので、心配はなかったです。

手続きは何枚もの書類に目を通し、サインをしなければいけないのですが、担当してくださった方はベテランの女性だったので手続きも早く、説明も分かりやすかったです。

●●個人的には大手のイメージは全くなく、住宅を購入する際に不動産屋さんからの勧めで、初めて知った金融機関です。後々、和歌山発祥の銀行と知って安心できましたが、最初は地元にも支店がなく、とにかく半信半疑で来店しました。

雰囲気はやはり大手と違い、地方の支店という事もあり、そんなに大きくは無かったですが、担当してくださった方が大手ではなかなか渋られたローンの組み立てや、ローン申し込み時の借金とのおまとめのローンも提案してくださりました。

普段なら住宅購入で家計が苦しくなると思われがちですが、我が家の場合は逆に住宅購入をして家計も楽になりました。35年ローンなので25年は残っていますが、少しずつの貯蓄もできて、頑張れば30年で返済できそうです。

金利も、変動型や固定型のメリットデメリットをしっかり説明していただいて、普段住宅ローンに何度もお世話になるわけではありませんが、内容も明確で分かりやすい銀行だと思いました。

そして、担当者さんは申し込み時に、丁寧に毎月の返済額や数年単位での返済額の変動も詳しくデータにまとめてくださり、お付き合いして10年になりますが、住宅ローンでしかお世話になっていないのに、毎年2回直筆のお手紙や、来店キャンペーンなどのお知らせをご案内してくれます。

ちなみに、裕福だとはとても言えない我が家ですが、来店キャンペーンも最初は恐る恐る学資保険や定期貯金を勧められるのではないかと心配はしました。しかしながら、しつこい勧誘もなく、本当に地域に密着した銀行で、ローンを紀州銀行でお願いしてよかったと思っています。

友人が別の大手銀行の住宅ローンで苦しんでいるので、もし住宅ローンを考えている人がいれば、個人的には紀陽銀行をすごく勧めたいなと思います。

●●紀陽銀行でフラット35を申し込んだのは、近畿労金と関西アーバン銀行に融資を断られた後の3行目で、土地の売買契約の白紙条項を満たし、手付金の返還請求を行う為に、駄目元で申し込みました。駄目元で申し込んだ先から、満額融資を受ける事ができたので、申し込んで正解でした。

当時の私の源泉徴収票に記載された年収は230万円ほどで、妻も同額程度の年収でした。更に、カードの払い忘れがある等の事情も年収の低さに上乗せされ、金融的な信用度は相当低かったと思います。

夫婦で合算して連帯債務で借りるとしても、額面450万円程度の年収では、カードの払い忘れという事情は、住宅ローンの審査を受けるのに致命的な影響を及ぼします。事実、私も2行に審査で落されています。減額して融資可能ではなく、融資そのものを断られているのです。

カードの引き落としができなかった等の情報は5年間保存され、どの銀行でも審査の際に必ず照会されます。ローンで住宅購入を考えている方は「ついうっかり」では済まない事態になるので、引き落としの前日には必ず入金しておき、金融的な信用度に傷が付かないように注意して下さい。

そして、勿論年収も見られます。私は合算で額面450万円程で申し込みましたが、行員に「この年収だと難しいかと思います。どうしても審査に出してくれと仰るのであれば、せっかくお越し頂いたので出しますが…。ただ、通らない可能性が高いと思っていて頂けますでしょうか。」と言われました。

私が申し込んだのは2012年で、当時はまだ物件の全額を申し込める時で、手持ちのお金は車2台のローンの清算や火災保険料35年分の一括払いに必要でしたので、全額の2700万円を35年で申し込み、最終的に借りることができました。

金利は当初10年間優遇するもので1.59%、10年経過後は1.89%です。この条件で借りると当初10年間の毎月の返済額は84,000円弱です。

借り換えの口コミ

●●初めての住宅購入で、お金の知識がなく、不動産業者の言われるがままに某メガバンクにて住宅ローンを組みました。変動金利であったため、5年を過ぎた途端に金利が上がり、月々の返済額が増えました。

その頃、自身でもFP(ファイナンシャル・プランナー)の勉強をしていて、住宅ローン借り換えについて知る事ができました。現在勤めている会社の系列のネット銀行で借り換えの相談をしました。

シミュレーションを重ねて、必要書類を用意しましたが、建築基準法が変わっていたために、登記簿を見た瞬間に借り換えはできないと断られました。その後いろいろ考えて、FPの勉強会で知り合った住宅ローンに特化したFPさんに相談しました。

そのFPさんは住宅ローンの相談もしていたので、金利の説明、年間と30年間で借り換えを行う事での節約効果をシミュレーションして頂きました。

紀陽銀行を紹介して頂き、私は書類を集めるだけで、あとはそのFPに紀陽銀行まで一緒に来ていただいたり、煩わしい最初に住宅ローンを組んだ銀行の返済手続きにも同行して頂いてとても助かりました。

私一人だったら、ここまでスムーズに借り換えができたか不安だったので、そのFPさんに手伝って頂き、とても感謝しています。

ただ、借り換えの条件として、紀陽銀行側からカードローンの契約がありました。年会費は3800円でローンから見れば微々たる出費ですが…。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ