南都銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

南都銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。奈良市に本店を構える地方銀行で、奈良県内に本店を置いている唯一の銀行となっています。京都の南にあることから、奈良はかつて南都と称されていましたが、こちらの銀行名はそれに由来しています。なお、県内のみならず、県外や海外へも進出しています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 2年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・ホームローン
・三大疾病保障特約付住宅ローン
フラット35
・住宅取得諸費用ローン
・エコローン
・リフォームローン
その他 ・ローンの相談ができるエルプラザは土日もオープンしている
・住宅ローン契約者はゆうちょ銀行のATM入金手数料が無料になる
・独自のポイントプログラム「ナント ポイントサークル」がある

住宅ローン審査の口コミ

●●私が住宅ローンの契約を行ったのは2009年の事です。結婚と同時にマンションを購入する事となりました。主人も私も正社員で共働きでしたが、お互い年収が300万程度。あのリーマンショックの直前で「今後金利も上がるだろう」と言われていた時期でした。

大規模マンションだったので、モデルルームなどに色んな方がいらっしゃいました。また、催しという名目で、カラーコーディネートはカーテン販売会社が、家計診断は生命保険会社が担当していました。

住宅ローンはメガバンクから借りたいと思っておりましたが、「年収が低いのでちょっと難しいのではないか…」とマンションの営業担当者から言われ、言われるがままに南都銀行へローン審査。通常金利より通年1.4%引くという事で、内容的にも納得して契約しました。

今思うと色んな銀行に自分で問い合わせをかければ、もっと良い条件で借りる事ができたかもしれません。今はもっと金利が低くなっているので、疾病保障のローンに借り換えを検討中です。

●●戸建て住宅の購入時に、南都銀行で住宅ローンを組みました。親身に将来の計画や、資産運用について相談に乗ってくれたり、様々な形の住宅ローンの見積もりを作ってくれて、安心してお任せすることができました。

主人の仕事の関係で土曜日に相談に行きましたが、快く対応してくれました。それ以降のすべてのやり取りに関しても一階の相談窓口ではなく、二階の個室にて手続きをしてくれ、他の人の目を気にすることなく、安心して手続きを済ませることができました。

その際、給与振込口座など、我が家の主軸となる口座を全て南都銀行にしましたが、ローンとは関係のない資産の管理についても、いつも親身になって話を聞いてくれています。

他の金融機関と違い、地域密着型の銀行なので、いつもわりと落ち着いていて、ATMに並ぶことも窓口で長時間待たされる事もないので、我が家のメインバンクを南都銀行にして本当に良かったと思っています。

住宅ローンは金額も大きく返済期間も長くなるので、色々な金融機関で話を聞いて、検討を重ねましたが、他の金融機関では、相談に訪れた際に淡々と説明だけをされたり、担当者が忙しそうに何度も席を外すなどされました。

酷いところだと私たちの目の前で、他のお客様の個人情報がわかるような内容の電話をするなど、不安になってしまうような対応ばかりだったので、接客の良さと安心感を与えていただいたことで南都銀行に決めました。

●●南都銀行は、奈良県下優良企業といえば誰もが口を揃えて挙げる企業です。奈良県下の企業の取引先にもここが使われていることが多いです。親が口座を南都銀行メインで開設していた影響で、私もこの銀行を中心に利用しております。

少し前、積み立て定期預金の口座の開設に行ったときのことです。私はこの口座の開設は初めてで、わからないことが多かったのですが、受付窓口の方の対応は非常に親切でした。初歩的な質問も何度かしましたが、懇切丁寧に教えてくれました。

また、向こうのノルマ事情も噛んでいるとは思いますが、高金利のキャンペーンを実施している定期預金口座の開設も勧められ、相手方の好印象に押されて従うかたちになりました。南都銀行の行員さんは全体的に接客がよくできています。

わからないことがあってあたふたしている人を見かけたら、向こうから遠慮せず声をかけていますし、教え方も丁寧です。社内教育の賜物かとは思いますが、これからもこの水準を維持していって欲しいと思います。

▲▲一戸建て新築時に、南都銀行にて住宅ローンの事前審査を申し込みました。当時、給与振り込みも南都銀行、定期預金なども全て南都銀行というように、メインバンクとして使用させてもらっていたため、もちろん審査が通るだろうという今となってはよく分からない理由で考えていました。

数日後に審査結果が来たのですが、それを見てびっくりしました。南都銀行だけでは、希望額にはとても届かないという結果で、全国信用保証としてであれば希望額の審査OKというものでした。

当時は知らなかったのですが、住宅ローンの審査には南都銀行本体ではなく、南都信用保証というところが実施するそうです。ですので南都銀行本体に対する貢献度(?)はほとんど加味されず、純粋に収入や債務などを見て審査結果を出すということです。おそらく、他の銀行さんも同じような仕組みで審査されるはずです。

▲▲地元では銀行と言えば南都なので、当然のように南都銀行で住宅ローンを借りました。担当の人はとても親身になってくれて、あともう少し借りたいけれど無理かも…という時に、借りられるように上と一生懸命掛け合ってくれました。すると、残りの500万がすんなり借りられ、マイホーム購入がスムーズに行きました。

利率は大手メガバンクよりかなり高いのではないでしょうか。この間、比べてみてびっくり。今後借り換えをしようかと考えています。

この辺は田舎であまり他に選択肢がないので、京都銀行にしようかなと思っていますが、もっと利率が低いのであればメガバンクもOKかなと。ただ、メガバンクはあまり対応がよくないイメージがあるので迷っています。

借り換えの口コミ

●●2008年に池田泉州銀行から南都銀行へ借り換えをしました。きっかけはポストに入っていた銀行のチラシです。新築で家を購入し、3年の固定金利が終わるときでしたので、借り換えの検討はしていました。

そんな時、タイミングよく南都銀行のチラシがポストに入っていたのです。こういうものは運やタイミングも大事だと思いましたので、すぐに連絡して家まで来てもらいました。南都銀行の対応は素晴らしく、すぐに見積もりを出してもらえました。

その見積もりを見て震えがきました。冗談ではなく本当に震えたのです。何故なら借り換え後の月々の支払額が3万円以上も安くなっていたからです。3万円…専業主婦の私にとって大きな大きな金額です。今の生活レベルを変えずに確実に月々3万円貯蓄に回せるのですから。

この話を主人にしたところ、主人もすぐに乗り気になり、無事に借り換えが終了しました。その際には10年固定で借りましたので、あと5年残っています。いろいろ勉強しながら次もお得に借り換えを行うつもりです。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ