名古屋銀行で住宅ローンを借りました!審査&借り換えの口コミと評判

更新日:2018年12月7日

名古屋銀行が提供している住宅ローンのご紹介です。愛知県名古屋市に本店を構える第二地方銀行で、地元では略称の「めいぎん」と呼ばれることが多いです。分類こそ第二地方銀行ではありますが、東京証券取引所と名古屋証券取引所に上場していて、3兆円以上の総資産に加えて、2,000名ほどの従業員を抱える、規模の大きな銀行となっています。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

目次

  1. 金利・保証料・繰上返済手数料など
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ
  4. まずは一括仮審査から始めよう!

金利・保証料・繰上返済手数料など

借入上限額 1億円
固定金利期間 3年~10年
最新の金利 公式サイト(新しいページで開きます)
保証料 ×(有料)
繰上返済額 10万円~
繰上返済手数料 ×(有料)
団体信用生命保険料 ○(無料)
事務手数料 ×(有料)
住宅ローンラインナップ ・スーパー住宅ローン
・住宅ローン
・あわせて安心プラン
・無担保住宅資金融資
・なか総アシスト ホームサポートローン
・住宅サポートローン
・長期固定金利型住宅ローンフラット35

借り換えの口コミ

●●きっかけは家のポストに入っていたチラシからでした。

マイホームを購入した時には3年固定を組んでいたのですが、満期を迎えた際に、将来は子供の教育費などがかさむことを考えて10年固定にしたところ、それまでボーナスなしの月々7万円だった支払いが2万円アップの9万円となってしまい、家計を圧迫していました。

「そろそろ、私もパート勤めをして家計を助けなければいけないかも」と思っていた時に、名古屋銀行の「住宅ローン借り換え」のチラシが目に入ったのです。

よく見てみると、現在借りている十六銀行よりもはるかに安い金利でした。5年固定ではありますが、金利は1.4%だったのです。我が家の現在の金利は10年固定で2.1%です。

夫に電話して聞いたところ、「話だけでも聞きに行った方が良い」と言われ、後日、夫に有休をとってもらい、名古屋銀行に住宅ローン借り換えのシミュレーションをしに行きました。

その結果、借り換えにかかる諸経費70万円近くを差し引いても、現在の十六銀行で借りているよりもお得になることがわかりました。月々の支払いも9万円が8万円となり、1万円近く安くなることになりました。

シミュレーション後に必要な書類をもって名古屋銀行に出向いたのは1回だけです。思っていたよりも住宅ローンの借り換えに際して手間がかかることもなかったので、ネットなどで住宅ローンに関する情報を収集して、今後も借り換えをしていきたいと思います。

●●同じ地方銀行である愛知銀行から名古屋銀行に、この夏、借り換えをしました。たまたまポストにチラシが入っており、シミュレーションを無料でやってくれると明記されていたので、金利が安い事もあり、伺いました。少し時間はかかりましたが、15分ほどでシミュレーションができ上がりました。

愛知銀行では、5年固定で金利が2.4%で月々10万円の支払いでしたが、名古屋銀行では、1.1%となり、借り換え費用の78万円を新たに借り入れしても、月々の支払金額が8.7万円程になったので借り換えすることにしました。

審査が通るまで2週間ほどかかりましたが、無事に通過でき、13,000円の節約になったので、思い切って相談に行ってよかったと思います。

まずは一括仮審査で比較してみよう!

住宅ローン選びの第一歩として、新規の方も借り換えの方も、まずは一括仮審査で各銀行の金利や総返済額を比較してみましょう。私の場合、総額で300万円近くもお得になりました。

住宅本舗の一括仮審査なら約60もの銀行を一括比較したうえで、希望の銀行を最大6つまで選んで、一括で仮審査を申し込みできます。

3万人以上もの利用者実績がありますし、複数の銀行に申し込んでもその情報は銀行間で共有されませんので、安心して使うことができます。

無料なのはもちろんのこと、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

ページの先頭へ