秋田県でおすすめの住宅ローンを比較 - 審査や借り換えの口コミも!

更新日:2019年6月6日

秋田県でおすすめの住宅ローンをまとめてみました。

目次

  1. おすすめの住宅ローン
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ

おすすめの住宅ローン

金融機関名 繰上返済手数料 保証料
イオン銀行 無料 無料
ソニー銀行 無料 無料
住信SBIネット銀行 無料 無料
楽天銀行 無料 有料
三井住友信託銀行 無料 有料
三菱UFJ銀行 無料 有料
三井住友銀行 無料 有料
みずほ銀行 無料 有料
りそな銀行 無料 有料
新生銀行 無料 無料
アルヒ 無料 無料
秋田銀行 有料 有料
北都銀行
東北ろうきん 有料 有料
羽後信用金庫
秋田信用金庫
フラット35 無料 無料
JAバンク 無料 無料
ジェイ・モーゲージバンク 無料 無料
優良住宅ローン 無料 無料
クレディセゾン 無料 無料
ファミリーライフサービス 無料 無料
ハウス・デポ・パートナーズ 無料 無料
日本モーゲージサービス 無料 無料
全宅住宅ローン 無料 無料
トヨタファイナンス 無料 有料
日本生命 有料 有料

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

住宅ローン審査の口コミ

秋田銀行

●●現在住んでいる一戸建て住宅を建てるときに初めて利用しました。この金融機関は、夫が普段よく利用しており、見知った職員さんがいること、職場内に銀行があって手続きに便利なことから選びました。

銀行とのやりとりはほとんど夫が行い、私は書類作成と契約時にのみ立ち会いました。我が家は共働きですし、家と土地の名義を共同名義にしたため、ローンもそれぞれ半額ずつ組むことにしました。

銀行のほうでリスク回避のため加入する保険に、私が告知内容(持病有り)のため加入できず心配だったのですが、当時すでに加入していた共済保険の補償額が基準額相当だったため、なんとか私にも貸していただくことができました。

金利固定期間や手続きに関して、同じ職業の方々のケースを参考にすることもでき、その点において非常に満足しています。結局、5年固定で組みましたが、しばらくはこの金融機関でお世話になることと思います。

JAバンク

●●祖父の代からJAの組合員だったため、JAバンクの住宅ローンを利用することにしました。JAは銀行に比べ支店が多く、また毎週のように住宅ローン相談会が開かれています。まずはその住宅ローン相談会に行ってみることにしました。

もちろん家を建てるのは初めてだったため、不安でしたが、担当者の方はかなりわかりやすく説明してくれて、安心しました。

正直、田舎の小さなJAだったので、職員の知識はどうかなと思っていたのですが、かなり詳しい方がいて、驚きました。昔からお世話になっているJAだったので、相談しやすかったのが良かったですね。

金利は当初はホームページで調べようと思っていたのですが、支店によって違うらしく、情報が得られないのが少しどうかなと思いました。その金利は、他の銀行等に比べると若干安いようです。

審査期間は大体40日くらいでした。審査待ちの間も、JAの職員の方は度々連絡をくれたので安心しました。審査が甘いかどうかはわかりませんが、聞いてみると組合員のほうが若干通過しやすくなるようです。

一生の買い物なので、かなり慎重になりましたが、結局は特に心配することもなく、家を建てることができました。リフォームローンも扱っているようなので、今後もお世話になりたいと思っています。

三菱UFJ銀行

●●家を買った不動産業者の紹介で、三菱UFJ銀行の地元の支店でローンを組みました。金利自体は他に探せばもっと低いところもあると思いますが、ローンを組む際の書類関係の支店での手続きが営業時間が終わった夜間でも対応してもらえて、ローンを組む方からすると便利でした。その後に他の金融期間の金利が下がった際に、借り換えの方法をコールセンターで確認したところ、すぐに支店の担当者から連絡があり、金利見直しを検討したいというは話がありました。数日後に正式に連絡があり、金利を下げてもらえるという話を頂きました。確かに今はネット系の銀行も多く、店舗に行かなくても手続きができるようなサービスもあり、金利だけをみればそういった銀行の方が低い場合が多いです。ただ、やはり近くの金融機関でローンを組んで、担当の方が付くことで、ネット系とは違う人と人とのやり取りができ、相談にも乗ってもらえたため、個人的には満足しています。

みずほ銀行

●●3年前のことになりますが、家を購入した不動産屋さんの紹介で住宅ローンを組みました。地方銀行とみずほ銀行の二つの選択肢がありましたが、最終的に「オール電化住宅であればローンの返済を6ヶ月後に開始できるプラン」があったみずほ銀行の住宅ローンを選びました。

引越し資金や家具の買い替えなど必要だったので、ローン返済が半年後というのは良かったと思います。ただし、返済期間が半年延びるのは避けられませんが。

金利は変動を選びました。しばらくこの不景気は続くであろうということらしいです。実際、半年ごとに金利の見直しや返済の内訳が送られてきますが、これまでのところ金利の大きな変動はありません。

マイホームを持てたことはとても幸せです。夫の年齢は現在46歳です。繰り上げ返済をしなければ、75歳までローン返済が続く予定です。夫も私もそして子どもたちも、健康で元気に過ごしていきたいと切実に思っています。

三井住友銀行

●●中古の戸建て住宅の購入に利用させていただきました。5年前にも住まいを検討したことがあるのですが、勤続実績と収入から借り入れ希望額が借りれず断念。今回で、無事ローンも通り、気に入ったマイホームを購入することができました。

借入金額1850万、頭金なしでフルローン、35年の変動金利でしたけど、諸費用もすべてローン込みで月の返済が53000円で済んでいますので、家計的にもすごく助かる結果となりました。

住宅ローンの相談の際は、対応も親切で、返済のシミュレーションも色々としていただきました。私の場合は、もともとの月の返済額も小さいのであえて、繰り上げ返済をするのではなく、そのまま8大団信をつけて、様子見。

完済時期は70歳以上になりますので、どんな病にかかるかも分かりません。団信の恩恵をその際はうけるという風に考えました。

担当していただいた女性も親身に相談にのってくださいましたし、生命保険の見直し相談もできるとのことで今度相談に伺う予定です。今は低金利で家を持つにはぴったりの時期だと思います。

借り換えの口コミ

秋田銀行

●●2013年の春に住宅ローンの借り換えを検討しました。理由は「10年前に借りた住宅支援機構さん(当時の住宅金融公庫)の利率が秋から倍近くに跳ね上がること」と「今がおそらく最後の超低金利という大チャンスであること」の2点です。

資料を見て検討し、仮申込みに入るまでに数週間。仮申し込み通過後、様々な書類を取り寄せたり書いたりし、更に1ヶ月程度で全て完了しました。

この間に3回ほど銀行さんに通いました。行員さんの説明や接客が非常に親切で好意的であったのも印象的でしたが、何よりも嬉しかったのは手続き終了後に立派なフラワーアレンジメントが届いたことです。また必ずお世話になりたいと思いました。

三菱UFJ銀行

●●私は地方銀行から三菱UFJ銀行の住宅ローンに借り換えました。借り換えた理由は、住み替えしたため、前の家に残っていたローンを三菱UFJ銀行で借りたお金で一括返済した上で、新しく建てたマイホームの土地購入代と建築費用の一部も借り入れて、合わせて住宅ローンとして組み入れたからです。

本来なら、同じ地方銀行でローンを組み直した方が、手続きが簡単で良かったのですが、三菱UFJ銀行との金利差が1%以上もあったので、ドライに割り切ることにしました。

まず、三菱UFJ銀行にハウスメーカーの担当者と相談に行き、借り換えの審査を行いました。私の返済プランは、住んでいるマイホームを売却しないで、住み替えを行い、ゆっくりと前の家を売却して、その売却金でローンを減殺することでしたので、2軒分のローン額を貸してもらえるかどうかが、一番の心配事でした。

数日後、融資できますと回答があり、ほっとしました。ただし、借り入れる額が大変高額で、その重圧に押し潰されそうで、動悸が止まず、循環器科に通ってしまいました。同時並行で、ローンを組んでいた地方銀行に行って、一括返済の手続きを進めました。

住宅ローンの借り換えは思った以上に簡単で、あっけなく終わってしまい、狐に包まれているような気分でした。借り換えは大変なようでも意外に事務的に淡々と進めることができ、地方銀行との金利差分1,000万円近くの額を得したことになりました。借り換えして本当に良かったと思います。

みずほ銀行

●●昨今の金利の引き下げを受けて、我が家でも住宅ローンの借り換えが議論に上がり、知人からの後押しもあり、借り換えを行いました。

借り換えを行うにあたり、まずは現状を把握して、借り換え手数料を理解して、月々の支払いがいくらになるのかをシミュレーションしたりと、基本的な流れがあることを理解することからスタートでした。

幸いにも、学生時代の友人が金融機関に勤めていたこともあり、そのあたりの一連の流れや、窓口でのやり取りのポイントや質問項目などは一通りレクチャーを受けた上で、借り換え計画を進めることができました。

ただ、借り換えへの道のりはなかなか手間のかかるものでした。

メガバンクや地銀、信用金庫と複数の金融機関を周って情報を集めたのですが、意外にもなかなか近くに休日相談をしている金融機関が少なく、仕事もある中、平日の時間を使って話を聞くこともいくつかありました。

いくつかの金融機関で条件等を出してもらいましたが、借り換えであっても、なかなか納得のできる条件での借り換えプランとなるところがなく、苦戦をしていました。

そんな中で、最終的に我が家が着地した借り換えプランが「同じ銀行での住宅ローンの借り換え」でした。「他の銀行に借り換え」を交渉材料に交渉に挑んだところ、今の住宅ローン金利より借り換えで得をすることができました。

知識がない中、イチから勉強して借り換えを行うのは大変でしたが、幸いにも周りの知人、友人にも助けられ、銀行の窓口の方も親身になってくれたお陰で、我が家の借り換えは無事着地することができました。

三井住友銀行

●●約11年前に、5年固定と変動金利の2本立てで借りました。中古付き土地代と建物代です。中古付きの場合、解体後建築許可を取るまで時間がかかり、合算での借り入れが難しくなります。土地代は、金額が大きかった為、安全第一に考え、固定金利を選びました。

そして、大きかった固定の方の繰り上げ返済を頑張って行いました。固定期間終了後、悩んだ末、再度固定で借りましたが、金利がドンドン下がり、借り換えを検討しました。

ファイナンシャルプランナーさんにちょうど生命保険で相談していたので、金利について愚痴を言ったところ、「銀行に他行にかえる旨を話すと下げてくれる」とのアドバイスをくれました。

なんか脅しみたいで気が引けたのですが、言ってみないと始まらないと、勇気をだして聞いてみました。即答はもちろんしてもらえませんでしたが、1週間後にOKをもらえました。そして、固定から変動金利にかえることができました。

手数料などはもちろんかかりましたが、かなり金利が下がりましたので、それを考えれば、手数料は気にならない金額です。

ページの先頭へ