鳥取県でおすすめの住宅ローンを比較 - 審査や借り換えの口コミも!

更新日:2019年6月6日

鳥取県でおすすめの住宅ローンをまとめてみました。

目次

  1. おすすめの住宅ローン
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ

おすすめの住宅ローン

金融機関名 繰上返済手数料 保証料
イオン銀行 無料 無料
ソニー銀行 無料 無料
住信SBIネット銀行 無料 無料
楽天銀行 無料 有料
三井住友信託銀行 無料 有料
三菱UFJ銀行 無料 有料
三井住友銀行 無料 有料
みずほ銀行 無料 有料
新生銀行 無料 無料
アルヒ 無料 無料
鳥取銀行 有料 有料
中国ろうきん 有料 無料
米子信用金庫
鳥取信用金庫
倉吉信用金庫
フラット35 無料 無料
JAバンク 無料 無料
ジェイ・モーゲージバンク 無料 無料
優良住宅ローン 無料 無料
クレディセゾン 無料 無料
ファミリーライフサービス 無料 無料
ハウス・デポ・パートナーズ 無料 無料
日本モーゲージサービス 無料 無料
全宅住宅ローン 無料 無料
トヨタファイナンス 無料 有料
日本生命 有料 有料

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

住宅ローン審査の口コミ

ソニー銀行

●●私はソニー銀行で住宅ローンを組んでいます。サービスの面では他行とはあまり違いは感じなかったのですが、何よりも金利が低かったということが、同行を選んだ最大の理由です。

他社の住宅ローンを利用していた友人の中にも、同行へ借り換えしたという人が数名います。金利が安い理由は、実店舗を運営していないということが一つのようです。

その部分に関しましては、何か困ったことがあったときに、すぐに相談に行けないということが非常に心配ではありましたが、コールセンターなどで対応をしてただくことができるというので、安心して大丈夫だろうと考えています。

この先も急に金利が上がったりすることがなければ、このまま同行でお願いしたいと思います。

鳥取銀行

●●数年前にマイホームを新しく建てたのですが、そのときに鳥取銀行で住宅ローンを組みました。この銀行に決めたのにはいくつか理由があり、信頼できると感じたからです。

まず私の地元では大手と言われる銀行が2つあり、山陰合同銀行と私が利用した鳥取銀行です。私は初めどっちにしようかと考えて両方で話を聞いてみましたが、鳥取銀行のほうが「人間味」「信頼感」を感じる事ができました。

鳥取銀行では担当の方がとても「素」な雰囲気を持った方で、何かと親身になって相談に乗ってくれました。そんな相談の中でも、いちばん有難いなと思ったのが「金利」についてです。

住宅ローンを利用する時には、「固定金利」「変動金利」の2つから選んで融資をしてもらう事になります。私は素人でほとんど金利についてはわかりませんでしたが、鳥取銀行の担当者はこと細かく教えてくれました。

これから先、世の中がこんなふうに動くからこっちのほうがいいですよ!といった説明で、何もわからない私にはとても助けになりました。結局「変動金利」を選んだのですが、その担当者がおっしゃった通り今では良い選び方だったなと思っています。

とても人間味のある担当者で「この人なら嘘はつかないだろう」という信頼感を感じる事は、とても大切だと痛切に感じました。

JAバンク

●●4年前に新築で家をたてました。住宅ローンを組む金融機関をどこにするか、結構まよいました。100%希望通りとはいきませんでしたが、なんとか払っていける金額でローンを組む事ができました。

ローンの審査は、地方銀行や都市銀行などに出しました。会社の勤続年数は5年で年収が310万円くらいで、ほかにローンは組んではいませんでした。地方銀行は山陰合同銀行に審査を出しました。2,000万円借りようとしましたが、1,400万円に減額するならOKということでした。

とても足りないので島根銀行に審査を出しましたが、さらに少なく1,000万円しか融資できないとのこと。そのほか都市銀行などに出しましたが、同じく減額すればOKだったので、銀行系はあきらめました。

そこで、JAの住宅ローンに申し込んでみました。JAは審査がゆるいと聞いていたので、期待して待っていると、4日ほどで2,000万円の融資がOKの返事がきました。金利は年1.3%の10年固定で、当時としては安いほうでした。その後、3回ほどJAの事務所に行き、手続きをして、なんとか借りることができました。

JAのデメリットは、インターネットバンキングがない点や、銀行にくらべてATMの数が少ない点などがありますが、他の金融機関に断られた方でもチャンスがありますので、検討してみると良いと思います。

三菱UFJ銀行

●●募集中!

みずほ銀行

●●募集中!

三井住友銀行

●●募集中!

借り換えの口コミ

イオン銀行

●●夫婦ともに30代、子供二人の四人家族です。2012年に新築を建て、その際に住宅金融機構のフラット35Sで新規借り入れをしました。みずほ銀行が窓口でした。

フラット35というと35年間固定というイメージですが、借り入れた商品は10年固定で低い金利で、11年目から金利が上がるものでした。数字で見てみると、10年までは1.47%、11年目から2.15%です。早い段階で繰り上げ返済をできる人向けかもしれません。

私たちも借入当初は早めの繰り上げ返済を目標に、貯蓄を頑張っていました。しかし、新居を構えてみて、思った以上に維持費がかかる点や、子供の教育費も家計を圧迫する現状を考え、2015年に借り換えを実行しました。

まず、パソコンで借り換えのサイトなどで予備知識を蓄えました。次に、現在の我が家の状況から「変動金利」を選択し、金利ももちろんですが、諸費用のなるべくかからない銀行を数行に絞っていきました。

イオン銀行、ソニー銀行、じぶん銀行、楽天銀行などが候補でした。その中から変動金利0.57%のイオン銀行を選びました。諸経費は全部で90万ほどかかりましたが、試算では数年でペイできます。

というのも、話は前後しますが、フラット35Sは団体信用生命保険が年間約12万円かかっていたものの、イオン銀行は団信料が無料なのでこれだけでも年間12万が浮きます。月々の支払いも10万円から9万円に下がり、借り換えをしてよかったと実感しています。

三菱UFJ銀行

●●募集中!

みずほ銀行

●●募集中!

三井住友銀行

●●募集中!

ページの先頭へ