奈良県でおすすめの住宅ローンを比較 - 審査や借り換えの口コミも!

更新日:2019年6月6日

奈良県でおすすめの住宅ローンをまとめてみました。

目次

  1. おすすめの住宅ローン
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ

おすすめの住宅ローン

金融機関名 繰上返済手数料 保証料
イオン銀行 無料 無料
ソニー銀行 無料 無料
住信SBIネット銀行 無料 無料
楽天銀行 無料 有料
三菱UFJ銀行 無料 有料
三菱UFJ信託銀行 無料 有料
三井住友銀行 無料 有料
みずほ銀行 無料 有料
りそな銀行 無料 有料
新生銀行 無料 無料
アルヒ 無料 無料
オリックス銀行 有料 無料
シティバンク銀行 無料 無料
南都銀行 有料 有料
近畿ろうきん 有料 有料
大和信用金庫 有料 有料
奈良中央信用金庫
奈良信用金庫
フラット35 無料 無料
JAバンク 無料 無料
ジェイ・モーゲージバンク 無料 無料
優良住宅ローン 無料 無料
クレディセゾン 無料 無料
ファミリーライフサービス 無料 無料
ハウス・デポ・パートナーズ 無料 無料
日本モーゲージサービス 無料 無料
全宅住宅ローン 無料 無料
トヨタファイナンス 無料 有料
日本生命 有料 有料
トヨタファイナンス 無料 有料

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

住宅ローン審査の口コミ

住信SBIネット銀行

●●住宅ローンの新規借り入れの際に、住信SBI銀行を利用しました。

住宅ローンの借り入れにあたり、多くの銀行を比較検討しましたが、住信SBI銀行はどこよりも金利が低く魅力的でした。変動・短期固定・長期固定、どれも業界の中でトップクラスの低金利なのではないかと思われます。

低金利以外の魅力は、ネット銀行だということです。仮審査の申し込みから口座開設まで、ネットでの取引で済みます。仮審査の結果もすぐに届き、私は1週間以内には正式審査の申し込みをすることができました。

ネット銀行なので返済なども、支払日に銀行に行かなくても24時間コンビニで入金が可能です。共働きの私たち夫婦にとっては非常に有難いシステムです。

繰り上げ返済手数料が無料なのも魅力です。ネット銀行なので不安があったものの、やはり、銀行に頻繁に行く時間のない私としては非常に助かっています。

事前に住宅ローンの返済シミュレーションも行えたので、把握してから借り入れをすることができたのが、安心感に繋がりました。店舗がなくても、分からないことはメールや電話で親切に対応してもらえることもポイントが高いです。

対面でないので、自分にも知識がないと難しいと思っていましたが、その分サポートデスクに力を入れているようで、回答が非常に的確で分かりやすかったです。

南都銀行

●●1年前に今住んでいる家の住宅ローンを南都銀行で借りました。主人が転職して勤続年数が短かったので、借りられるかどうか不安でしたが、不動産業者さんと銀行の方との間で話をしてもらいました。その結果、一部条件はありましたが、審査も無事に通り、借入することができました。

金利に関しては、昨今の金利情勢を考えて最初から変動金利で借りようと夫婦で決めていたため、行員さんからのいろいろな説明をうけたのですが、変動金利で借りることにしました。

契約の際は、支店ではなくローンセンターに出向き、ベテランの行員さんに対応していただいたので、商品内容の説明や手続きの流れなど細かいこともお答えいただくことができて、安心しました。実際のローン借入日の際も行員さんの対応がよく、好印象でした。

近畿ろうきん

●●近畿労働金庫で住宅ローンを借りたいきさつは、それまで住んでいた、まだ住宅ローンが残っている物件を売却して、次の物件の購入資金を借りるためでした。急いでいたこともあり、希望価格よりも低い価格での売却を決め、数百万円の売却損も合わせて借りられる金融機関を探しました。

売却損分も含まれていることと、次の購入物件が郊外の中古物件だったために、なかなか審査が通らず困っていました。そんな時に最終的に辿り着いたのが「儲けない銀行」というキャッチフレーズの近畿労働金庫です。

当時夫が勤めていた会社と取引があったこともあり、難しい条件だったにも関わらず審査を通して頂きました。給与振込み口座にすることだけが条件でしたし、金利も低くてとても助かりました。唯一残念なのは、引っ越して来た街には近畿労働金庫の支店もATMもなく、必要な時には隣の市まで出向く必要があることです。

三菱UFJ銀行

●●募集中!

みずほ銀行

●●会社の優遇で金利が安くなることと、夫婦共にみずほ銀行の口座を持っているので、お話を伺いに行きました。ネットで行く日の予約をしたのですが、皆さん相談しているようで、第一希望日に予約できませんでした。

そして、実際にお話を伺うときは、丁寧に説明していただきました。35年毎月の支払金額のシミュレーションをしていただいたので、支払いをイメージしやすかったです。

元利均等返済と元金均等返済の場合のシミュレーションもしてもらい、できるだけ早めに払ってしまいたいとの思いから、元金均等返済を選択しました。

夫婦の支払い割合についても、担当の方から話を切り出していただいたので話しやすかったです。他の銀行さんの時はその話に一切ならなかったので切り出すことができなかったので、助かりました。全体的に接客も説明も分かりやすくて良かったです。

審査も、私たちが急いでいたので急いでしていただけました。不足資料があったので提出したのですが、提出して次の日くらいに審査が通ったと連絡があったので、準備してくれていたんだなぁと有難く思いました。

三井住友銀行

●●結婚して建売一戸建てを購入するにあたり、ローンの新規借り入れを行いました。主人が転職して1年ほどしか経っておらず、ローンを組める銀行が限られていたのですが、不動産屋さんの紹介で、三井住友銀行でお世話になることにしました。

現在の会社の継続勤務期間が短いにも関わらず、素早い審査で対応して下さり、大変助かりました。2人とも仕事をしていたので土日しか休みがなかったのですが、土日の契約にも対応してくださいました。

契約の際には、金利やオプションなど、素人にもわかりやすいように噛み砕いて丁寧に教えてくれました。その結果、災害や主人の病気に対する補償などいくつかオプションをつけましたが、月に数千円増えるだけで安心できますのでつけて正解だと思っています。

接客も大変親切で、ラフな格好で訪れた若者2人を、取引先のお偉い様でも迎え入れるかのように応接室に通してくださったので恐縮しました。

契約担当の方も、ローンの話だけではなく適度に雑談も交えて親しみやすかったですし、いざ契約する時には、「奥様のために、旦那様が一生の大きなお買い物をされます。お2人で支えあって、どうぞお幸せに。」とお祝いの言葉もいただきました。

選択肢が限られていたとはいえ、三井住友銀行を利用して満足しています。

りそな銀行

●●住宅を購入する際に利用した銀行はりそな銀行でした。住宅購入時のハウスメーカー指定の銀行での取引でしたので、こちら側が選定する事もできずにハウスメーカーの担当者の方と一緒に銀行へ行き手続きを済ませました。

必要な書類もほとんどは、ハウスメーカーの担当者の方が用意してくれていたので、ほぼお任せ状態で契約をしました。銀行の担当者の方も顔見知りのようで、和やかな感じで取引が進みました。

金利も低金利が始まっていた頃の契約だったので、割と優遇された低金利で契約できました。その時は初めてのローン契約だったので他社との比較などはしませんでしたが、今思えば他社とも比較して1番安いところで契約すれば良かったなとも思います。

他社との比較をする場合は、どの銀行でも審査を通す必要もありますので、時間に余裕がある場合は複数の銀行を比較をした方がいいと思います。

当時は早くに引っ越しを考えていたので、早く審査も契約も済ませたかったので、審査も事前にハウスメーカーの担当者の方経由で済ませてありました。自分たちで銀行へ行ったのも2回程で、ローンを組んだ気持ちがまったくありませんでした。

スムーズにローンの契約ができたので、自分たちの希望通りの時期に引き渡しと引っ越しを済ませることができました。

借り換えの口コミ

住信SBIネット銀行

●●住宅購入時に申し込んだ住宅ローンは、不動産会社が勧めてきた、とある地銀のものでした。他の銀行よりも金利が少し優遇されていたので、有利であると判断し、そこの銀行から借りることにしました。

しかし、その後調べてみると、ネット銀行が更に低い金利で貸し出しており、繰り上げ返済もより簡単に行うことができることが分かりました。そこで、ネット銀行に絞って借り換えを検討し、最終的に住信SBIネット銀行で借り換えることにしました。

ネット銀行なので、対面での書類のやりとりはありません。ネット銀行を利用した経験はありましたが、スムーズにできるのか、やはり少し心配なところがありました。

しかし、ある意味驚くほど簡単で、銀行から送付される書類に必要事項を記入し、押印して送り返せば良いだけだったので、少し拍子抜けでした。

正直、素人でもこれほどスムーズにできるなら、最初からネット銀行から借りた方が良かったのではないかと思ったほどです。

登記関係の手続きは、ネット銀行と提携している司法書士事務所が行うとのことで、これだけはその事務所へ出向いて、書類を提出する必要がありました。

地元の事務所ではなかったので、休暇を取って出掛けましたが、これも難しいことはなく、その後手続きが完了した書類が返送されてきました。

ネット銀行は、夜間や休日などこちらの空いた時間に手続きを行うことができるので、平日に度々時間が取れない場合にとても有効だと思います。

南都銀行

●●最初は、購入した住宅会社からの意向で、りそな銀行から借り入れをしていました。当初は借り換えのことは全く考えておらず、最後までりそな銀行で行くと思っていました。しかし、近くにりそな銀行がなく、返済に不便は感じていました。

5年ぐらい経った頃に、同じ時期に購入したご近所のお友達から、南都銀行に借り換えをするという話を聞き、借り換えを考えるきっかけになりました。

最初は手続きが面倒そうだし、どちらが得なのか全くわかりませんでしたが、話を聞いていると借り換えすると得になることもわかり、手続きも銀行の方がほとんどしてくださるので、とても簡単だということがわかりました。

そこで、南都銀行への借り換えを決めました。南都銀行なら、近くのATMでの返済も便利ですし、何よりも返済期間を一年短くすることができました。銀行の方はとても丁寧で、分かりやすく説明してくださいました。

面倒だと思っていたりそな銀行への返済手続きも南都銀行の方がしてくださるので、私は横に座っているだけ、必要な書類をそろえるだけで、あとは銀行の方がしてくださり、とても良かったです。

結果的に、我が家は借り換えをして、返済期間も少しですが短くなりましたし、返済場所も楽になったので、借り換えをしてよかったです。

三菱UFJ銀行

●●募集中!

みずほ銀行

●●他行からの借り換えでした。最初の銀行は、金利が低いときに借りたこともあり、店頭金利からの優遇幅が全くなく、当初の固定金利が終わった後、変動金利にしておりましたが、2.475%でした。

転職して1年たったので、まずは相談に行きました。上場企業に正社員という雇用だったこともあり、原則勤続年数が3年でないと住宅ローンの借り換えは難しいと思っておりましたが、審査の土台には乗るとのことで、シミュレーションをしてもらいました。

諸費用をかけてもメリットがあるのは、3つの条件を同時にクリアしていればいいとのことで、「金利差が1%以上」「残存期間が10年以上」「残高1000万円」のすべてに当てはまっており、かなりのメリットがあるため、申し込みをしました。

両親と共有名義のため、両親の承諾も必要でしたが、賛成してもらえました。借り換えには数十万の諸費用がかかるため、その資金が出せなくてあきらめている方も多くいると思いますが、私の場合は、諸費用をすべて上乗せにして、借り換えできました。

もともと店頭金利2.475%で借りていたものを、1.6%の優遇幅が最後まで続くものに借り換えでき、今は変動金利0.875%になりました。あきらめずに、まずは、メリットがあるか相談しに行くのがいいと思います。

ただ、個人情報の保護法が厳しいため、本人でないと相談に乗ってくれないことが多いと思います。

三井住友銀行

●●募集中!

りそな銀行

●●奈良県在住の30代後半の男性です。10年ほど前に結婚をし、その際にマンションを購入しました。当然ローンを組むことになりましたが、不動産会社からの指定で、南都銀行を利用する事になりました。

南都銀行は奈良県では大手の銀行の為、条件はそれほど悪くなかったです。当時は今よりもお給料も安かったので支払は低く抑え、毎月の返済額は60000円程でした。

しかし、7年以上ローンを払い続けていても、元金は100万円くらいしか減っていませんでした(借入金は1300万円程)。このままではいけないと思い、ローンの借換をすることに決めました。

自分で調べたり、親族に相談したりして、タイミング的にも金利が安い時期だったので、色んな銀行に相談に行きました。中でも最も内容が充実していたのが、りそな銀行でした。

金利が当時の南都銀行のローンよりも0.4パーセントも安くなり、今後の返済シミュレーションを出してもらったら、200万近く安くなることがわかりました。

その後、南都銀行に借換の旨を伝えた際に、同じくらい金利を下げると言われたのですが、りそな銀行の住宅ローン特約の充実さが遥かに上回っていたので、借換を決めました。

手続きなどで20万以上のお金を払いましたが、今は月々の返済額が5000円ほど安くなって、大変助かっています。

ページの先頭へ