大阪府でおすすめの住宅ローンを比較 - 審査や借り換えの口コミも!

更新日:2019年6月6日

大阪府でおすすめの住宅ローンをまとめてみました。

目次

  1. おすすめの住宅ローン
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ

おすすめの住宅ローン

金融機関名 繰上返済手数料 保証料
イオン銀行 無料 無料
ソニー銀行 無料 無料
住信SBIネット銀行 無料 無料
楽天銀行 無料 有料
三井住友信託銀行 無料 有料
三菱UFJ銀行 無料 有料
三菱UFJ信託銀行 無料 有料
三井住友銀行 無料 有料
みずほ銀行 無料 有料
りそな銀行 無料 有料
新生銀行 無料 無料
アルヒ 無料 無料
オリックス銀行 有料 無料
シティバンク銀行 無料 無料
池田泉州銀行 無料 有料
近畿大阪銀行 有料 有料
関西アーバン銀行 有料 有料
大正銀行
近畿ろうきん 有料 有料
大阪シティ信用金庫 有料 有料
大阪信用金庫
北おおさか信用金庫
フラット35 無料 無料
JAバンク 無料 無料
ジェイ・モーゲージバンク 無料 無料
優良住宅ローン 無料 無料
クレディセゾン 無料 無料
ファミリーライフサービス 無料 無料
ハウス・デポ・パートナーズ 無料 無料
日本モーゲージサービス 無料 無料
全宅住宅ローン 無料 無料
トヨタファイナンス 無料 有料
日本生命 有料 有料
トヨタファイナンス 無料 有料
財形住宅金融 有料 有料
全宅住宅ローン 無料 無料

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

住宅ローン審査の口コミ

楽天銀行

●●ネット銀行の楽天銀行で、住宅ローンを4,400万円新規借り入れしました。楽天銀行を選んだ理由は、変動金利が相対的に低いこと、融資事務手数料が定額制であること、元金均等が選びやすいことでした。

まず、金利ですが、単純に数値だけであれば、より低いところもあります。しかし、金利がより低い会社の融資事務手数料は、借入額の2.16%となっていました。

4,400万円借りた場合、その手数料は、950,400円となります。楽天銀行の融資事務手数料は324,000円と約60万円安くなります。

35年の期間の合計で考えた場合は、より金利の低い会社が有利ですが、繰り上げ返済をした場合、年数によっては楽天銀行が有利になります。

私の場合、10年間は住宅ローン控除を利用するため繰り上げ返済はしないと決め、その後金利があがるようであれば繰り上げ返済しようと考えていました。繰り上げ返済の可能性が高いと考え、初期費用である融資事務手数料が低い楽天銀行にしました。

契約のやりとりはネット銀行のため、メールか電話または郵送となりました。必要な書類を郵送でやりとりするため、思ったより時間がかかりました。また、印鑑の押し方が弱く不鮮明でやり直すことも発生し、融資実行はぎりぎりとなってしまいました。

郵送のやり取りは実店舗のある銀行と比べて手間がかかりましたが、それでも総支払金額を考えれば、ネット銀行にしてよかったと思います。

また、店舗の銀行の場合、銀行側に有利な元利均等を何かと理由をつけて勧めてきます。ネット銀行の場合、心理的なハードルがなく一方的に元金均等を選択できることもよかったです。

池田泉州銀行

●●2012年に新規で28年の住宅ローンを契約しました。なぜこの銀行にしたかというと、自宅から一番近かったからです。本当はもっと色々な銀行と比較してよく考えてから契約すればよかったのだと思いますが、不動産屋から「銀行はどこも大して変わらない。自宅の近くが便利」という言葉を信じて契約にいたりました。

とはいえ、もともとお給料の振込口座に指定していた銀行でもあり、住宅金利も大手銀行に負けず劣らずだいぶ優遇していただきました。

接客も大変丁寧で、主人が平日は仕事で不在のため、ご相談に伺うのが土曜日ばかりになりましたが、快く対応していただきました。私どもの心に寄り添っていただくような接客で安心しておまかせできました。

近畿大阪銀行

●●現在住んでいるマンションの購入時に、変動金利でローン契約しました。当時、主人が勤めていた会社が社名を変更してすぐだったため、なかなか申請が下りませんでした。

社名以外は何も変わっていなかったのに、なかなか申請が下りず不安でしたが、事情を理解してくれていたので、手続きは先回りして進めてくれました。また、もし申請が下りなかった場合には、どういう方法があるかなど相談にも乗ってくれたので助かりました。無事申請もおり、ローン手続きをしました。

数年後、繰り上げ返済のときには、主人が単身赴任で窓口に行ける事がなかなかできなかったのですが、手続きが短い時間で済むように、丁寧に書類や説明書を作ってくれました。最近ではローンの利率が低くなるような情報も教えてくれました。時々、連絡をくれて、困っていることがないかなど聞いてくれるので助かっています。

関西アーバン銀行

●●新築住宅を建築するために住宅ローンを借りることになりました。関西アーバン銀行に決めた理由ですが、私自身が色々と検索や検討したわけではなく、その土地の売主さんがいつも利用しており、利用しやすいからということでした。

関西アーバン銀行はそれほど大きな銀行ではないですが、非常に満足しています。その理由はまず、金利が非常に安いことです。変動金利で利用していますが、年利1.75%で、他の銀行と比べても遜色はないと思います。

審査は非常にスムーズで、何か追加資料の提出も求められませんでしたので、許可がすぐに下りました。また、私が一番よかったと感じるのは接客です。大阪の八尾市にある支店を利用したのですが、契約する際はVIPルームに通されました。

対応いただいた行員は、融資部長と支店長で、明らかに年下である私に対しても非常に頭の低い対応をしていただき、むしろ私の方が恐縮するくらいでした。子供も同席も許可してくれまして、とても良いと感じました。

三菱UFJ銀行

●●以前住んでいたところは交通量が激しく、騒音に苦しんでいました。そんななか、とても閑静で人気のあるエリアに何気なく足を運んだときに、まだ分譲地が残っていて、一目ぼれしてしまいました。人生は二度ないと決断し、住み替えることにしました。

ネックは残っているローン2,000万円と、新たに借り入れたい6,000万円でした。注文住宅の契約を締結するハウスメーカーに相談すると、「我が社のフラット35より、三菱UFJ銀行が良いかと思います」と案内されました。

それまで都市銀行と取引はなく、とても敷居が高いイメージを持っていましたが、応対してくれた副支店長の方は、とても気さくな方で相談に乗ってくれました。

勤めている会社のこと、共働きで収入がこのくらいあること、勤めて何年になること、現在の役職のことなどを話すと、わかりましたと切り出し、正式には本社の決裁が必要となりますが、8,000万円お貸しできますと言われ、びっくりしました。こんなにラフでいいのかと驚いたと同時に、私を信用してくれたことに感動しました。

そこで、新たにローンを8,000万円借り入れ、借りていた地方銀行のローンの残金2,000万円を相殺しました。

一時的に8,000万円になったローンは、凄いプレッシャーでしたが、幸い、前住んでいた家が3,000万円が売却できたこと、株式が値上がりしてくれて売却益が1,000万円ほどあったことから、借金が4,000万円になってほっとしました。

共働きのパワーは凄まじく、現在完済する目処も立ち、毎日閑静な生活を思うままに満喫しています。

みずほ銀行

●●購入した一戸建ての会社から紹介されて、みずほ銀行さんで住宅ローンを組みました。主人の会社が知名度のある会社だったこともあり、審査も驚くほど簡単に通り、男性職員の対応もとても親切で良いものでした。

その後、区画整理により家を建て替えることになり、ローンの相談にみずほ銀行さんに行ったんですが、その時にも話が早く、いろんな面倒な手続きも全て「みずほ銀行」さんがやってくれて思っていた以上に簡単に手続きが終わりました。

実はいろんな住宅ローンの会社が出てきた時に、他の銀行に変えたほうが得なような気がしたんですが、やはり対応の良さで最後までみずほ銀行で支払い続けました。

住宅ローンを組んだのは25年くらい前で、その頃は繰上げ返済をする場合、手数料を取られてましたが、何年か前から繰上げ返済の手数料が無料になり、更にネットで簡単に手続きができて便利になりました。繰上げ手数料が無料だったので、最後は、少額でもガンガン繰上げ返済をして早めにローンを終わらせることができました。

三井住友銀行

●●2013年にマンション購入のため、三井住友銀行で住宅ローンを組みました。一生に一度の大きな買い物で不安でしたが、ローンの組み方について丁寧に説明していただけました。

年末にマンションの購入となりましたので、支払いや説明がとてもバタバタしましたが、毎回小さな質問にも丁寧に答えてもらえました。契約場所も個室で、まわりの声なども気にならず、ゆっくりと話ができました。

特に、支払い方法については、無理なくローンを組みたかったので、ボーナス払いについてや、変動金利と固定金利のメリットとデメリットもしっかり教えていただき、どちらかに偏らず客観的な意見を述べてくれました。

無理に押し付けもなく、しっかり情報提供をしてくれて、「あとはご主人さまとしっかり話し合いをしてください」と、こちらに話し合いをする機会をいただけたので、住宅ローンについて、こちらと三井住友銀行とで話し合いながら進める事ができ、大きな不安はあまりありませんでした。

主人と一緒に行けない日も多く、何回も伺う事があったのですが、主人にも同じ説明をしていただけたりと、毎回気持ちの良い接客をしてもらえました。色んな住宅ローンの組み方があると思いますが、今回三井住友銀行で相談し、契約できて良かったです。

りそな銀行

●●マンションの買い替えで、住宅ローンを借りました。先に新しいマンションを購入して、その後にそれまでのマンションを売って、その売却資金で一部を返済することにしたので、少し大きなお金となりました。

金額が大きいので、借りられるか少し心配しましたが、親身になって相談に乗っていただき、審査もスムーズにいきました。

元利均等支払いの仕組み等についても詳しく教えていただき、マンションが売れたときに一部繰り上げ返済した場合の3パターンの時期別のシミュレーションもしていただき、非常に分かりやすい説明を受けました。

金利は変動金利を選びましたが、このところの経済情勢や今後の見通し等も説明していただき、先々での金利状況を見て固定金利への変更も可能であることや、その時の手数料等も詳しく説明していただいたので、安心して変動金利を選ぶことができました。

低金利で銀行の競争も激しいでしょうが、メガバンクとは路線を変えている様子も垣間見えて、りそな銀行にしてよかったと思っています。

借り換えの口コミ

イオン銀行

●●自分が新規で住宅ローンをお願いした銀行は但馬銀行でした。その時の理由は、不動産の仲介がおすすめしたのもありますが、複数の銀行の中では一番金利が低かったことです。自分が新規で住宅ローンを組んだ時の金利が0.900%でした。

しかし、時代が変わり、マイナス金利を日本が導入したおかげで住宅ローンの金利がどこの銀行も低くなり、自分の組んだ金利が高くなりました。そこで住宅ローンの借り換えを検討しだしました。

複数の銀行で見たのですが、だいたいの銀行が0.54%くらいでした。イオン銀行も同じような金利で住宅ローンを出していました。イオン銀行に決めたきっかけは、口座やクレジットカードを持っていたというのもあるのですが、住宅ローンを借り換えした時の特典でした。

その特典とは、毎日イオン系列の店舗での買い物が5%オフになることでした。イオン系列で買い物することが多い家だったので、同じ買い物するなら少しでも安くなる方がいいと思い、住宅ローンを借り換えすることにしました。

金利が低くなり、毎月の返済額も少し減った分、家計の負担も少し楽になり、月に1回贅沢をするために外食するようになりました。イオン銀行に住宅ローンを借り換えてよかったと思います。

楽天銀行

●●約10年前に住宅を購入し、会社からの利子補給制度を利用するため、財形住宅金融株式会社で住宅ローンを組んでいました。会社の利子補給制度は1%を超えた分だけを補てんしてもらえる制度だったので、非常にお得感を感じながら、その制度を利用していました。

最近、金利が大きく下がり金利1%を割り込んだため、その利子補給制度を活用する意味がなくなり、また、繰り上げ返済にかかる手数料や団体信用生命保険料が他社よりも割高ではないかと思い、ネット銀行を中心に借り換えを検討しました。

借り換えにあたり、気になったのが借り換え時の手数料です。そんな中、楽天銀行は融資額の1%未満という格安なもので、かつ金利上昇のリスクがないフラット35の金利も約1%だったので、魅力を感じておりました。

また、財形住宅金融株式会社から借り入れしているときに気になっていった繰り上げ返済時の手数料も無料、団体信用生命保険料も任意ということが決定打となり、借り換えを決断しました。

ただ、ネット銀行のため対面での説明がないことが唯一の不安材料でした。そのため、いろいろな借り換え時の口コミや情報をネットで収集したうえで手続きを行いました。

結果、特に手続きに手間取ったり滞ったりすることもなく、借り換えを完了することができました。

新生銀行

●●住宅金融公庫の固定金利(元利金返済型)でローンを組んでいました。10年を超えた時点で金利が上がることから、借り換えを検討しました。

大手銀行2,3行に話を聞きに行ったり、ネットで調べるなどして、一番金利が低かった新生銀行で借り換えすることにしました。

新生銀行はネットバンクで、審査の申し込みから条件の打合せまでは、ネットや電話で行い、契約の時だけ、店舗へ来店しました。審査から融資まで、約1ヶ月半もかからなかったです。

梅田にあるオフィスはとてもきれいで、通された部屋は社員の方が暗証を入力して入る設定になっていて、厳重な管理がされているのだなという印象でした。電話での対応も、直接会った対応も丁寧で迅速なものでした。

来店時には、住民票や実印、印鑑証明、収入印紙、身分証明書などを持参して、主人と二人で平日に出向きました。事務手数料その他で、約18万円程かかりました。

固定か変動か悩みましたが、やはり安定した固定を選択して3.5%の金利が1.7%になりました。変動だともっと金利が低かったので、家庭や家計の状況で選択するといいと思います。

住宅ローンの借り換えは面倒だろうという印象でしたが、いざしてみると審査から融資実行まで意外と早かったので、もっと早い時期に借り換えをすれば良かったと後悔しています。

三菱UFJ銀行

●●新築マンションを購入したときは住宅金融公庫を利用し、4年後に新築一戸建て住宅を購入しました。マンションは買った金額よりも高い金額で売ることができましたが、ローンの返済に充てて、残りを頭金にして一戸建て住宅のローンを組みました。

固定金利で借りていましたが、金利がだんだん下がってきたので、借り換えをした方が得だろうと判断し、銀行住宅ローンの借り換えをしました。

固定金利は変動金利かをはじめに決めるときは判断に迷うところですが、住宅ローンは数十年もの長い期間ですので、金利の金額が膨大になります。数年単位で見直すことも必要です。借り換えにはもちろん手数料が数十万かかりましたが、それを加味しても借り換えをする方が得でした。

手続きは、はじめのマンションを売って一戸建てを購入する手続きに比べれば、さほど大変ではありませんでした。金利が安くなってきたので、銀行も「借りてください」のムードがあり、対応は親切丁寧でした。

正社員で20年ほどの勤務実績がありましたので、審査は何事もなくスムーズに進みました。銀行の窓口はいくつもあり、精通されている方が対応してくれましたので、疑問点があれば詳しく教えていただきました。

ある程度のまとまった金額が満期になったりした際は、繰り上げ返済をして、ローンの年数を短くするようにしています。

みずほ銀行

●●20年ほど前にマイホームを購入し、住宅ローンの借り換えをしながら、一昨年ようやく完済を致しました。完済時に利用していた住宅ローンはみずほ銀行のローンです。

みずほ銀行は私の給与振り込み口座でもあり、メインバンクとして利用している銀行です。インターネットでの取引も利用して日常的に便利に使わせてもらっている金融機関です。

他行の住宅ローンから借り替えをする時にも、窓口で直ぐに返済シミュレーションをしてくれて、手数料などを含めても完済までにどれだけのメリットがあるかなど、親切に教えていただけました。

会社の近くに支店がありましたので、やり取りはいつもお昼休みの時間でしたが、短い時間にも関わらず、適切な対応でとても感謝しています。

三井住友銀行

●●募集中!

りそな銀行

●●住宅ローンを借り換えを検討している時に、たまたま会社の後輩が先に借り換えを行いました。それがきっかけで、私も今年の4月にみずほ銀行からりそな銀行へ借り換えを行いました。

私が初めに重視したところは金利です。これは説明の必要がないですよね。金利が低くならないと借り換えるメリットはありません。

次に店頭での借り換えができるかどうかです。これは非常に重要です。正直りそな銀行以外にも金利が安いネット銀行はありますし、その他の条件もよかったりはします。

しかし手続きをすべてネット上でしなくてはいけません。ちょっとした解らないこととかがあるとすぐに詰まって先に進めなくなります。何より不安になります。ということで店頭で手続きができて、尚且つ金利が安めなりそな銀行を選びました。

りそな銀行の店頭へ実際に行った時、嫌な予感がしました。担当になった人がとても若い女性でした。私の嫌な予感はズバリ的中しました。

店頭に行くとまずシミュレーションをしてもらうと思います。借り換えを行ってもらうと現在の支払い額がいくらからいくらに減りますよみたいな感じです。そのシミュレーションの金額が間違っていたのです。あり得ないミスだと思いましたが、我慢しました。

その他の審査などはスムーズに進みました。先伸ばしにすればするほどメリットは減っていくので、検討したら素早く行動に移したほうがいいと思います。あと、店頭で借り換えるときも、自分が信用できる人を選んだほうがいいですね。

ページの先頭へ