愛知県でおすすめの住宅ローンを比較 - 審査や借り換えの口コミも!

更新日:2019年6月6日

愛知県でおすすめの住宅ローンをまとめてみました。

目次

  1. おすすめの住宅ローン
  2. 住宅ローン審査の口コミ
  3. 借り換えの口コミ

おすすめの住宅ローン

金融機関名 繰上返済手数料 保証料
イオン銀行 無料 無料
ソニー銀行 無料 無料
住信SBIネット銀行 無料 無料
楽天銀行 無料 有料
三井住友信託銀行 無料 有料
三菱UFJ銀行 無料 有料
三菱UFJ信託銀行 無料 有料
三井住友銀行 無料 有料
みずほ銀行 無料 有料
りそな銀行 無料 有料
新生銀行 無料 無料
アルヒ 無料 無料
オリックス銀行 有料 無料
シティバンク銀行 無料 無料
愛知銀行 有料 有料
中京銀行 無料 有料
名古屋銀行 有料 有料
東海ろうきん 無料 無料
蒲郡信用金庫 有料 有料
豊橋信用金庫 有料 有料
豊田信用金庫 無料 有料
半田信用金庫 有料 有料
岡崎信用金庫 有料 有料
碧海信用金庫 有料 有料
瀬戸信用金庫 無料 有料
いちい信用金庫 有料 有料
フラット35 無料 無料
JAバンク 無料 無料
ジェイ・モーゲージバンク 無料 無料
優良住宅ローン 無料 無料
クレディセゾン 無料 無料
ファミリーライフサービス 無料 無料
ハウス・デポ・パートナーズ 無料 無料
日本モーゲージサービス 無料 無料
全宅住宅ローン 無料 無料
トヨタファイナンス 無料 有料
日本生命 有料 有料
財形住宅金融 有料 有料
日立キャピタル 非公開 非公開

右向き矢印 住宅本舗で住宅ローンの一括仮審査をしてみる

右向き矢印 住宅ローンの一括仮審査

住宅ローン一括仮審査サービス

住宅ローン審査の口コミ

ソニー銀行

●●住宅ローンをソニー銀行で組みました。新築マンションで、当然ディベロッパーの営業から何社か銀行を紹介されるのですが、自分でも探した結果、紹介された銀行より条件が良かったので決めました。

紹介された銀行は8社ほどでしたが、多くは金利が高く、検討すらしませんでした。その中で営業さんから、特別金利だという1つの地銀をお勧めされました。

確かに他の銀行より金利が安く、魅力的かと思いましたが、金利の適用条件がありました。給料振込み口座にする事、クレジットカードを作る事など、全部は覚えていませんが、いくつもあったのです。

そこで、ソニー銀行と比べてみると、ソニー銀行の方が更に少し金利が安い事が分かりました。更に、面倒な条件もありませんでした。元々私は口座を持っていて、信頼性や利便性も分かっていました。

そして、夫の口座もソニー銀行に作り、ソニー銀行で借りる事に決めました。手続きは全て郵送で、とても便利でした。かといって、担当の営業さんには電話がつながりやすく、確認したい事もすぐに聞けたので、全く不安や不都合は感じませんでした。

店舗を持たない銀行なので、不安に思う方もいるのかもしれませんが、余計な営業もなく、とてもスムーズに事が進み、満足でした。ソニー銀行の住宅ローンは、とてもお勧めです。

百五銀行

●●当方、愛知県在住の30代会社員、専業主婦の妻と子供2人の4人家族になります。将来は県外に住む可能性もある事から、中古のマンションを購入。その時の住宅ローンの新規借り入れについて体験談をご紹介します。

まず、住宅ローンの借り入れ先については、マンション購入時の仲介業者にコーディネートしていただきました。仲介業者からは百五銀行と十六銀行を紹介されました。紹介された金融機関以外には、会社で紹介されていた三菱東京UFJ信託も候補に入れて検討しました。

結果論ですが、店頭表示金利というものを金融機関は提示しているものの、全くの参考値という事がわかりました。このような事が素人にはわからないので、仲介業者をうまく活用する事がベストだと思いました。

百五銀行と十六銀行の金利は同等でしたが、団体信用生命保険にがん団信を付加しても、同等の金利を提示した百五銀行を選択する事にしました。

百五銀行は三重県を主としていますが、最近は愛知県内も力を入れているようで、その事からも優遇していただけたのではないかと思っています。

また、審査や接客については全く問題がありませんでした。私の自宅から担当者の支店まで結構な距離ありましたが、何度か往復して訪ねてきていただきました。

今後、住宅ローン以外でも利用していく事になりますが、その上でのサービスの入り方なども、親身になって相談にのっていただけましたので、とても信頼できる金融機関だと感じました。

十六銀行

●●マイホーム購入時に住宅ローンの新規借り入れで、十六銀行を選びました。新築の一戸建てでしたが、土地と建物の費用を新規に借り入れることにしました。住宅ローンの借り入れ審査ですが、およそ1ヵ月程度で審査が終わりました。審査は、書類に必要項目を記入し提出しました。その後は、自分が思っていたよりもスムーズにローン審査が通ったので安心しました。金利については、低金利の時代の影響もあり、非常に低い金利で借りる事ができました。変動金利と固定金利で最後まで悩みましたが、固定金利でも十分金利が低い事から当初10年固定を選択したのです。当初10年固定金利は、最初の10年間低い金利で固定されます。10年が経過するとその後は、再び変動金利か固定金利を選択する方法です。借り入れ当初の10年は、金利変動の影響も無く安定した返済ができる事が魅力です。私の当初10年の金利は0.7ととても低い金利で借り入れる事ができました。次に接客についてですが、担当の銀行の方は、非常に対応が良く不明な点までしっかりと説明して頂けました。また、返済シミュレーションを作成してくれたり、住宅ローンを借り入れる上での不安な点を解消して頂けました。非常に対応が良く選んで良かったと感じています。

岡崎信用金庫

●●2008年に住宅を新築し、岡崎信用金庫さんで住宅ローンを組みました。ハウスメーカーの提携ローンでしたが、当時の金利は10年固定で1.8~1.85%でした。先行して土地のローンを1.8%で組み、その後建物で1.85%で組みました。

実は、建物のローンの実行時の金利は1.86%だったのですが、ちょうど一日後に月をまたいで実行金利は1.85%に下がるという状況でした。

私はたいして気にも留めていなかったし、一日後の金利のことも知らなかったのでこちらからは何も言っていないのに、当時の担当者はたった一日の事で金利が不利になるのは良くないと言い、ずいぶん前から勝手に上に掛け合ってくれていたようで、1.85%で実行してくれました。その対応が本当に気持ちが良くうれしかったです。

その担当者は別の店舗に移ってしまいましたが、その後も岡崎信用金庫さんは金利の相談にものってくれました。当時私は結婚と住宅の新築を同時に進めていたので、楽しさもあり、どこか不安もありというような精神状態でしたが、このような対応のおかげで、乗り越えられた部分もあると思います。本当に感謝でいっぱいです。

東海ろうきん

●●住宅購入の際に住宅会社の勧めもあり、 東海ろうきんでローンを組みました。手持ち資金との関係で、地銀ではローンを組むことができず、やむを得ず東海ろうきんで住宅ローンを使うことになりました。

初めは3年固定で借りていました。 労金が給与口座ではなかったため、金利の引き下げ条件にはあいませんでした。 公共料金の引き落としを口座指定すると若干金利が下がりました。

後からわかったことですが 、繰り上げ返済時に手数料がかからず、大変助かりました。 銀行によっては繰り上げ返済の際に手数料がかかるところがありますので、注意が必要だと思いました。

ローンの実行までに2度ほど、支店の窓口とローン窓口の方に行くことになりました。 平日の日中だったため、有給を使って手続きしました。担当の方は感じが良く、書類等の手続きも分かりやすく進めていただき、スムーズにローン実行されました。

結果的には、金利キャンペーンを行っていたため他行に比べて、若干安めの金利で借り入れすることができ、助かりました。手数料も他行と比べて比較的安かったです。

ローン実行後、何度か繰り上げ返済を行いましたので 、繰り上げ返済手数料がかからなかった点は大変役立ちました。繰り上げ返済を行った際も、行員の方が丁寧に対応してくださりました。

三菱UFJ銀行

●●今の家を買う際に、ハウスメーカーが持ち込んできたのが三菱UFJ銀行です。今まで取引がなかったので、口座を新しく作って、給与振込もこの銀行に変えました。ただ、メインバンクは別にありましたので、カードの引落口座等は別の銀行のままとしておきました。

幸い、三菱UFJ銀行では、住宅ローンを設定すると他行への振込手数料も無料にしてくれたので、給料日を住宅ローンの支払日としてもらい、ローン支払後の全額をメインバンクに送金していました。

新興住宅地なので保留地という状態になっており、ローン自体の取り扱いをしない銀行も多い中、住宅ローンの設定をしてくれたという事でありがたい話でした。

ただ、現在のメインバンクの方がクレジットカードの会費無料等のサービスが充実している事もあり、保留地が解除されたことをきっかけにそのメインバンクへ借り換えをして、三菱UFJ銀行の口座は解約しました。

みずほ銀行

●●私共は、みずほ銀行を利用しました。最初は結婚資金調達の際に利用した地方銀行を考えており、その方向で進めていました。

しかし、転勤になった場合を考えて、日本全国に支店があると思われる都市銀行に切り替え、幸い主人がすでに口座があったみずほ銀行にしました。結果として、みずほ銀行にして、私共は大変助かりました。常に丁寧な接客がありました。

住宅ローンを利用するようになった時期、ちょうど転勤となりました。家を購入した場所と転勤地が異なり、住宅ローンは家を購入した場所にある支店で組みましたが、手続きはできる限りは郵送で対応いただきました。

書類記入の際は、事前にお電話をいただき、注意事項等を説明いただいたうえ、細かく丁寧に書類には印をといった心遣いもありました。そのおかげで、一度で書類処理を済ませることができました。

確か、事前審査があったと思いますが、初来店のその日に結果をいただきました。本審査も3日ほどだったと思いますが、すぐに結果をいただきました。実に、迅速な対応をしていただいた感触を覚えています。

転勤地にも支店があり、そちらの支店で手続きができるように手配いただきましたが、私共の都合で、一刻も早く契約をすすめる必要があり、尚且つ、私共の状況をすでに理解いただいたこともあり、いろいろと融通が効きそうな支店だと判断して、そのままで行いました。

お蔭さまで、この住宅ローン契約は、終始細やかな気遣いと配慮で、事がスムーズに進みました。

三井住友銀行

●●予算としては3,000万円までの中古マンションの購入を考えていました。頭金は500万円を用意し、残りの2,500万円を30年支払いの住宅ローンにしたいと不動産業者に相談しました。源泉等必要なデータを提出し、三井住友銀行の事前審査を受けました。

こちらから銀行を指定したのではなく、不動産業者の担当が三井住友銀行との繋がりが深いので、ある程度、便宜をはかってもらえるかもしれないということで、一任することにしました。

事前審査の前に、私の個人データを見た段階で、これならばたぶん大丈夫という判断は成されていましたが、念のため、三菱UFJ銀行の事前審査も予備として受けることになりました。結果、どちらも審査は通過したのですが、金利が若干安めの三井住友銀行にお願いすることになりました。

フラット35

●●35才女です。おととし、結婚をきっかけに新居を探していたときに、マンションを購入しました。もし、フラット35が通らなかったら賃貸にしようと思っていたところ、私の単独ローン単独名義で通ったため、フラット35を利用して購入になりました。ちなみに旦那は41才ですが、審査が通りませんでした。頭金1000万入れて、1100万をローン組みました。保証人を誰もつけなくて大丈夫だったことは有り難かったです。また、金利がずっと固定なので、返済額が一定で普通の賃貸家賃と同じ感覚で過ごせるので気持ちが楽でした。しかし、とてもめんどくさかったのは、繰り上げ返済のときです。手数料かからずやれるのはいいけれど、返済するまでの行程がやっかいでひた。いつ繰り上げ返済するかを4週間前に言わなきゃいけなくて、しかも返済日を「この日」と決めたらその日以外に変更することができませんでした。返済日を決めて、その書類が届き、記入して返送し期日になったら払うという段取りを踏むので、もし返送日を変更する場合は、また書類をやり直しして、その日から4週間先になるというような説明を受けました。すごくめんどくさかった記憶があります。繰り上げ返済専用の電話窓口があるのですが、対応は迅速で分かりやすく、書類のやりとりもスムーズでしたので、不安もありませんでした。

借り換えの口コミ

住信SBIネット銀行

●●当初は三菱UFJ銀行で借り入れをしていました。しかし、金利が高かったこと、繰り上げ返済が100万円以上からで、手数料もかかることから、不便に感じていました。

住信SBIネット銀行は金利が安かったこと、繰り上げ返済が1円からでき、しかも繰り上げ返済手数料がかからないことから、借り換えすることにしました。

ネット銀行を利用するのは初めてであったので、最初は少し不安に感じましたが、申請手続きもスムーズにすることができ、審査も特に問題はありませんでした。

借り換え後には、繰り上げ弁済手数料が無料なので、毎月少額ずつでも繰り上げ返済するようにしています。金利が低下傾向にあることもあって、当初の予定より早く返済が進んでおり、借り換えしたメリットが大きく、借り換えして良かったと思います。

以前、三菱UFJ銀行で借り入れしている時は、繰り上げ返済のシミュレーションを行うだけでも窓口に行く必要があり、時間の制限もあったので、不便に感じることが多かったです。

現在はネット銀行なので、自宅で時間を気にすることなくシミュレーションを行うことができ、しかも窓口対応ではないので、少額であっても気軽に繰り上げ返済ができ、残額が減っていくのが実感できて、とても励みになります。

最近はメガバンクの金利も低下しているようですが、借り入れ後の気軽さも考えると、他の人にも是非住信SBIネット銀行を勧めたいと思います。

三菱UFJ銀行

●●りそな銀行で借りていましたが、たまたま電車の中刷りで見かけた三菱UFJの広告での金利が気になり、相談窓口に行きました。

平日は仕事をしていますので、土曜日の相談窓口に行きました。駅前の銀行に行きましたがそんなに混んでおらず、あまり待たずに相談ができました。

出てこられた担当者は50代前半くらいの方で、こちらの素人質問にも1つ1つ丁寧に回答してくださったので、安心して話すことができました。

借入額自体が1000万程度ですので、あまり大きなお金が動く話でもないにも関わらず、1時間強の時間を割いて、事細かに説明してくださる姿勢には企業としての安心感も感じました。

結果、どちらで借りていたとしても大きな違いはないという結論になりましたが、真摯に対応してくださった姿勢に大変関心を得ましたので、少額のメリットだとしても借り換えをしようと考え、お願いをすることにしました。

その後の書類のやりとり等も大変丁寧で、且つわかり易い説明をしてもらいましたので、スムーズに進行ができました。

金額的にプラス(得をする)のは少額ではありましたが、今後何年も付き合っていく銀行としてはやはり親身になってくださるほうがよいと思い、借り換えをしました。

結果、安心感を得ることができたのが一番のメリットだったと感じています。

みずほ銀行

●●元々、地方銀行を利用して住宅ローンを組んでいましたが、優遇なども特になく、金利も高かったので借り換えしようと思い、みずほ銀行へ変えました。最初に地銀を選んだ理由は自宅近くにあったからです。主人が転職してすぐの頃だったので、金利優遇もなかったんだと思います。

ですが、入社3年目になると、みずほ銀行では会社によって住宅ローンの優遇があると聞き、早速借り換えの相談をすることにしました。借り換えする場合、手数料など必要になりますが、それでもみずほ銀行にした方が良いということになり、借り換えすることにしました。

みずほ銀行の長期住宅ローンを申し込み手続きし、返済額が減ったので楽になりましたね。そして繰上げ返済も利用したので、住宅ローンも残りわずかです。

三井住友銀行

●●スルガ銀行に1年間返済の後、三井住友銀行に借り換えました。主人の勤め先の提携銀行の為か、最低金利で借り換えさせて頂け、とても感謝しています。借り換え前との金利の差は2.5%以上です。月々の返済額が減り、返済年月も減り、良い事尽くめです。

借り換えを相談した際、担当して下さったのは副店長さんと新人の2人で、2人とも女性でした。小さな子供を連れての相談だったので、退屈して騒ぐ度に何度も主人を残して退室しましたが、嫌な顔1つせず、非の打ち所がない対応と言えると思いました。

とても良い印象、そしてありがたい金利でしたので、審査が通って契約で伺った際、給与振り込み先も三井住友銀行に変え、学資保険にも加入しました。子供を連れていたので勧められたのだと思いますが、元々加入を考えていたのと、あれだけの対応をして頂けるなら加入しても良いかなと思いました。

借り換えして2年経ちましたが、金利はそのままです。上がらない事を願っています。子供が増えてまた学資保険に加入する際はお願いすると思いますし、何か銀行さんに相談するような事があった場合も相談してみようと思える銀行さんです。

変動金利なので、これからの金利がとんでもない事にならない限り、ずっとお付き合いさせて頂きます。

三井住友信託銀行

●●昨年8月、地元の信用金庫から三井住友信託銀行へ、1400万円の住宅ローンの借り換えをしました。10年前に住宅を購入した際、地元信用金庫にて10年固定で借りていて、10年後には金利が上がるため、借り換え検討は必須のことでありました。

10年前当時では、金利1.8%は大変お得に感じたのですが、借り換え時には低金利時代のせいか、同じ10年固定で大手メガバンクでも0.5%台がざらにある感じで、私たちの借りている地元信金の金利は随分時代遅れに感じました。

その感想を率直に地元信金の担当者に伝えましたが「それがどうした、大手は低金利でやれるだろうがうちではとても無理」というようなニュアンスの事を言われました。

地元信金の反応が思っていた以上に鈍く、がっかりしたので、他の地元の銀行2社で見積りを取り、その金利をお土産に再度地元信金を訪れました。

地元信金が1.4%のところ、競合が0.8%、1.0%であると担当者に伝えましたが、あまり響いていないように見受けられました。交渉の結果、1.05%まで下げるがこれ以上は無理、借り換えの手間や費用を考えれば十分これでいいのではないかと言われました。

正直、他の銀行で借り換えすると、また一から色々な書類を提出するのが煩わしく、できることなら同じ信金で継続して借りた方が楽だし、要らぬ出費は抑えられるから良いと思っていましたが、この信金のお客様に対する姿勢に腹が立ちました。

そのため主人と相談し、多少費用と手間をかけても他の銀行で借り換えすることを決意しました。結論として、当時ネットで調べて最も金利の安かった三井住友信託銀行で10年固定で0.38%で借り換えすることができました。

ページの先頭へ